[ここから本文です。]

(2017年4月19日更新)

熱中症にご注意ください

熱中症は予防できる病気です。

 

暑さ指数※を確認する

環境省「熱中症予防情報サイト」

※暑さ指数とは?
人体と外気との熱のやりとりに着目し、影響が大きい「湿度」「日射、輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境」「気温」の3つを取り入れた指標です。
指数が28℃(厳重警戒)を超えると、熱中症患者が著しく増加する傾向がみられます。

 

高温注意情報※を確認する

気象庁「高温注意情報」

※高温注意情報とは?
おおむね35℃以上の最高気温が予想される場合に発表されます。


 

熱中症について

熱中症は、高温・多湿の環境で、体の水分と塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまく働かなくなり発症します。
家の中でもなる場合がありますので、エアコンを上手に使うことが大切です。

体温調節・水分補給に気をつけ、熱中症を予防しましょう。


PDF文書川口市熱中症予防啓発ポスター(400KB)

熱中症予防の啓発ポスター

 

熱中症予防〜5つのポイント

熱中症は予防できる病気です。

一人ひとりが正しい知識をもち、自分の体調の変化に気をつけるとともに、周囲の人にも気を配り予防を呼びかけましょう。

 

1、高齢者は上手にエアコンを

高齢者や持病のあるかたは、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。

節電中でも適切にエアコンを使いましょう。

 

2、暑くなる日は要注意

熱中症は、暑い環境に長時間さらされることにより発症します。

猛暑の時は、エアコンの効いた室内の涼しいところに避難しましょう。

 

3、水分・塩分こまめに補給

のどが渇く前に水分補給しましょう。

汗をかいたら、塩分を含む飲料を飲みましょう。
寝る前の水分補給も忘れずに。

 

アルコールは、体内の水分を出してしまうために水分の補給にはなりません。

カフェインにも利尿作用があるので、とり過ぎず、ほどほどに。

 

4、「おかしい!?」と思ったら病院へ

熱中症は、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、ひどい時には意識を失い、命が危険になることもあります。
「おかしい」と思ったら涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

 

5、周りの人にも気配りを

自分のことだけでなく、ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう

 

こんな症状にご注意!

次のような症状が現れたら、適切な対処を行いましょう。

重症度 症状 対処

  • 体温上昇
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • こむら返り
  • 筋肉痛
  • 大量の汗
  • 涼しい場所へ移動
  • 安静
  • 水分、塩分を補給

⇒改善しない又は悪化する場合は、受診する

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 体がだるい
  • 力が入らない
  • 集中力や判断力の低下
  • 涼しい場所へ移動
  • 体を冷やす
  • 安静
  • 十分な水分、塩分を補給

口から飲めない場合や症状の改善が見られない場合は受診が必要

  • 意識障害(会話がおかしい、呼びかけに対し反応がおかしい
  • けいれん
  • 運動障害(普段通りに歩けないなど)
  • 涼しい場所へ移動
  • 安静
  • 体が熱ければ首や脇の下、足の付け根など、大きな血管の通っている部分を水や氷で冷やす

すぐに救急車を要請(119)する


受診が必要な場合で、お近くの医療機関が分からない時はお問い合わせください。

埼玉県救急医療情報センター(24時間対応で、受診可能な医療機関を案内しています)
048−824−4199(良い救急)

 

知っていますか?子どもや高齢者の体の特徴

特徴 対策

  • 体温調節機能(汗腺など)が未熟なため、熱中症にかかりやすい
  • 大人と比べると、地面の照り返しにより高い温度にさらされる
  • お子さんの様子を十分に観察しましょう
  • 遊びの最中には、水分補給や休憩を
  • 外出の服装に注意し、帽子も忘れずに
  • 日頃から栄養バランスのとれた食事や運動、遊びを通して暑さに負けない体づくりを実践しましょう

齢者

  • 体温を下げるための体の反応が弱くなっている
  • 汗をかきにくい、暑さを感じにくい
  • エアコンがあっても使用しないかたが多く、自覚がないまま熱中症に陥る危険性がある
  • 室温をこまめにチェックし、エアコンや扇風機を活用しましょう
  • のどが渇かなくても水分補給!
  • 調子が悪いと感じたら、家族や近くの人にそばにいてもらいましょう


上記の症状だけでなく、食が細くなっていないか、尿が減っていないかなど、周囲が兆候を見守ることが必要です。

 

川口市広報番組動画配信

ふれあい川口タイトルテレビ広報番組「ふれあい川口」
特集「熱中症を知ろう!防ごう!」(平成24年度8月放送分をご覧ください)

 

政府インターネットテレビ

関連リンク

官公庁

 

公共団体など

 

川口市

 

問い合わせ

川口市保健センター
住所 〒332−0026 川口市南町1−9−20
電話 048−256−2022
FAX 048−256−2023
E−mail 087.05000@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]


[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]