トップに戻る分野で探す健康・福祉・介護検診・健康診査国民健康保険特定健康診査・人間ドック検診

[ここから本文です。]

(2015年11月2日更新)

国民健康保険特定健康診査・人間ドック検診

国民健康保険特定健康診査・人間ドック検診

平成27年度の国民健康保険特定健康診査・人間ドック検診の期間は下記のとおりです。

生活習慣病の早期発見・早期予防のために、1年に1度は特定健康診査・人間ドック検診を受けましょう。

 

期間 実施機関
特定健康診査 平成27年6月1日から平成28年2月29日まで

PDF文書実施機関一覧(平成27年度)(91KB)

人間ドック検診 平成27年4月1日から平成28年2月29日まで

メタボきゅぽらん

ご加入の保険によって受診できる健診が異なりますのでご注意ください。

ご加入の保険 健診の種類
川口市 国民健康保険 特定健康診査 または 人間ドック検診 (注意:どちらか一方のみの受診になります)
後期高齢者医療制度 高齢者保険事業室の健康診査・人間ドックのページ

全国健康保険協会

(協会けんぽ)

全国健康保険協会(協会けんぽ)加入者の生活習慣病予防健診・特定健康診査

(リンク先のホームページの内容について責任を負えないことをご了承ください)

 

がん検診については、保健センターのがん検診ページをご覧ください。

 

特定健康診査

特定健康診査とは

対象

実施期間

健診実施機関

・費用(自己負担額)

・内容

・追加項目

・健診の流れ

 

特定健康診査とは

特定健康診査とは、40〜74歳のかたを対象に生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドロームに着目した健診制度です。

特定健康診査の結果により、生活習慣病のリスクが高いと判定されたかたには、特定保健指導を実施しています。

特定健康診査・特定保健指導は、医療保険者ごとに実施方法が異なります。川口市国民健康保険以外のかたは、ご加入の健康保険にお問い合わせください。

 

川口市国民健康保険が実施する平成27年度の内容は、下記のとおりです。

なお、平成25年度から、慢性腎臓病予防強化のため、特定健康診査及び国保人間ドック検診の健診結果に「eGFR(推算糸球体濾過量)」を掲載します。今、成人の8人に1人が慢性腎臓病だと推測されています。ご自身の腎機能を確認するためにも、ぜひ受診しましょう!

PDF文書特定健康診査ご案内パンフレット(2094KB)(閲覧のみ。印刷はできません。)

PDF文書特定健康診査ご案内チラシ(434KB)

対象

川口市国民健康保険に加入している40歳〜74歳のかた

※平成27年12月28日までに、加入の届出をしたかた

※今年度40歳になるかたも含みます。

75歳以上の方は後期高齢者医療制度の健康診査の対象となります

 

実施期間

平成27年6月1日から平成28年2月29日まで(3月は受診できませんのでご注意ください)

特定健康診査及び国保人間ドック検診(40歳以上)を受診するときは、受診券が必要です。

 

健診実施機関

PDF文書実施機関一覧(平成27年度)(91KB)

 

ご注意ください!

※受診日現在において、川口市国民健康保険の資格のないかたは、受診することはできません。

※同じ年度で、特定健康診査を2回以上受診することや、国保人間ドック検診と重複して受診することはできません。受診した場合は、後で受診した健診(検診)の費用を負担していただきます。

 

費用(自己負担額)

基本項目・・・500円

追加項目(希望者)・・・心電図検査400円、胸部レントゲン検査500円

 

特定健康診査の内容

基本項目:500円

1.質問票

2.身体計測(身長・体重・腹囲・BMI)

3.血圧測定

4.診察

5.尿検査(尿糖・尿蛋白・尿潜血)

6.血液検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・AST・ALT・γ‐GT・空腹時血糖・Hb A1c・尿酸・クレアチニン・eGFR(推算糸球体濾過量))

※診察・昨年度の結果などから、貧血検査・心電図検査・眼底検査が追加される場合があります。

 

追加項目(希望者は一部自己負担で追加できます)

1.心電図検査:400円

2.胸部レントゲン検査:500円

注意!川口市の肺がん・結核検診を受けるかたは、特定健康診査で胸部レントゲン検査を受けることはできません。肺がん・結核検診は、がん検診の指針に沿って実施しています。

 

特定健康診査の流れ

1.受診券の送付

国民健康保険課から受診券等を送付いたします。受診券が届いたら、内容を確認し、受診日まで大切に保管しましょう(受診券を紛失されたかたはこちら)

なお、平成27年4月2日以降の新規加入者(平成27年12月28日までに加入の届出をしたかた)には、加入の届出をした翌々月に受診券を発送いたします。

PDF文書封筒見本(1105KB)

 

2.申し込み

案内や受診券が届いたら、受診できる健診実施機関を確認し、受診日の予約をしましょう。

※平成26年度の特定保健指導をご利用中のかたは、特定保健指導終了後に受診してください。

3.健診当日

保険証、受診券・質問票(複写の用紙)、受診票(複写の用紙)、健診費用を持って、予約日に健診実施機関で受診してください。

(国保人間ドック検診のかたも同様)

質問票はあらかじめ記入して、健診実施機関へお持ちください。

なお、健診費用は健診実施機関窓口でお支払いください。

4.結果の説明

健診後、医師から説明のうえ、健診結果を受け取ります。健康づくりのパンフレットを受け取り、生活習慣の改善に取り組みましょう。

※健診結果の受け取り方法と日時を事前に確認しましょう。

5.該当するかたは、特定保健指導を受けましょう。

健診の結果により、保健指導が必要なかたには、特定保健指導のご案内を送付いたします。

 

勤務先等の健診や全額自己負担の人間ドック検診をお受けになったかたへ

勤務先等の健診など、国民健康保険以外で健診を受けるかたは、健診結果をご提出いただくと、国民健康保険の特定健診を受ける必要はありません。

下記のデータを印刷してご記入いただくか、健診結果のコピーを国民健康保険課の窓口(市役所1階11番窓口)へご提出ください。

郵送の場合は、返信用封筒を送りますので、お手数ですがご連絡ください。

ご協力いただいたかたには粗品を差し上げます。また、健診の結果、生活習慣の改善の必要があるかたには「特定保健指導(無料)」をご案内しますので、ご利用ください。

PDF文書特定健診結果の情報提供用紙(106KB)

特定保健指導について

対象者・・・特定健康診査の結果、メタボリックシンドロームやその予備群に該当されたかた

※対象になったかたには、案内を送付いたします。

会場・・・市内の施設

内容・・・面接を行い、そのかたに合った生活習慣改善の支援が6か月間行われます。

自己負担・・・なし

参考

厚生労働省ホームページ:http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/info02a.html

厚生労働省 メタボリックシンドロームを予防しよう:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/metabo02/index.html

川口市医師会:http://www.kawaguchi-med.or.jp/mc/normal.html

 

お問い合わせ先

川口市役所 国民健康保険課 保険係 (本庁舎1階

住所 〒332-8601 川口市青木2-1-1

電話 048-259-7916(直通)

FAX 048-254-2282

E-mail 087.03000@city.kawaguchi.lg.jp

ページトップへ

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る分野で探す健康・福祉・介護検診・健康診査国民健康保険特定健康診査・人間ドック検診

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]