[ここから本文です。]

(2013年12月20日更新)

定期予防接種の受け方

定期(法律で定められた)予防接種の受け方についてご紹介しています。

個別予防接種の受け方

川口市では、小児の定期予防接種を市内の医療機関において個別で実施しています。
対象年齢等を確認し、医療機関に電話で予約の上、接種を受けてください。

予防接種を受ける前に、副反応についての説明を必ずお読みください。

期間…通年
費用…無料
持ち物…母子健康手帳・体温計・予診票(医療機関にも置いてあります)・黒のボールペン
実施場所…PDF文書平成26年度川口市内定期予防接種実施医療機関一覧(98KB)

副反応についての説明…

PDF文書Hib感染症・小児の肺炎球菌感染症について(96KB)

 PDF文書ヒトパピローマウイルスについて(93KB)

 PDF文書その他の定期予防接種について(82KB)

予防接種の対象年齢及び接種回数
予防接種の種類 回数

受けるのに適した期間

(標準年齢)

受けることが可能な期間
(対象年齢)
接種会場 実施時期

Hib(ヒブ)感染症※1

4回※3

初回接種は2か月〜7か月

になるまで

2か月〜5歳未満

市の委託した

医療機関

(個別接種)

通年

小児の肺炎球菌感染症※1

4回※3

2か月〜15か月になるまで

2か月〜5歳未満

ジフテリア

百日せき

破傷風

ポリオ

四種混合

(DPT−IPV)※4

初回

3回

3か月〜1歳になるまで

3か月〜7歳6か月未満

追加

1回

初回3回目終了後、

12か月〜18か月の間

7歳6か月未満

二種混合(DT)

2期

1回

11歳

11歳〜13歳未満

 

ポリオ

 

初回

3回

3か月〜1歳になるまで

3か月〜7歳6か月未満

追加

1回

初回3回目終了後、

12〜18か月の間

7歳6か月未満

ジフテリア

百日せき

破傷風

1期

三種混合

(DPT)

初回

3回

3か月〜1歳になるまで

3か月〜7歳6か月未満

追加

1回

初回3回目終了後、

12か月〜18か月の間

7歳6か月未満

結核(BCG)

1回

5か月〜8か月になるまで※5

出生時〜1歳未満※5

麻しん風しん

混合(MR)

1期

1回

1歳〜2歳未満

1歳〜2歳未満

2期

1回

5歳〜7歳未満のうち

小学校就学前の1年間

5歳〜7歳未満のうち

小学校就学前の1年間

日本脳炎※6

1期

初回

2回

3歳

6か月〜7歳6か月未満

追加

1回

初回2回目からおよそ1年後

7歳6か月未満

2期

1回

9歳

9歳〜13歳未満

ヒトパピローマウイルス感染症

(子宮頸がん)※1※2

3回

中学1年生の女性

小学6年生〜高校1年生相当の女性

※1:Hib(ヒブ)感染症・小児の肺炎球菌感染症・ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)は、平成25年4月1日から定期予防接種になりました。

※2平成25年6月14日現在、厚生労働省からの勧告により積極的に勧められていません。

※3:接種開始月齢により変わります。

※4:四種混合の対象は、生ポリオワクチン、不活化ポリオワクチン、三種混合ワクチンを1回も接種したことがないかたです。

※5:結核(BCG)は平成25年4月1日から受けるのに適した期間と受けることが可能な期間が変わりました。

※6:平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれのかたは、20歳未満の間、日本脳炎を定期予防接種として受けられるようになりました。7歳6か月〜9歳未満、13歳以上でも、上記の生年月日に該当するかたであれば、定期予防接種として受けられます(ただし、2期は9歳以上)。接種間隔等、詳しくは保健センターにお問い合わせください(通知がなくても受けられます。)

予防接種の個人通知について

それぞれの予防接種に該当するかたには、詳しい案内と接種の際に必要な「予診票」を以下のとおり送付しています。

転入されたかたの場合、既に対象年齢を迎えている予防接種の通知はありませんので、委託医療機関にある予診票をお使いいただくか、保健センターにご連絡ください。

 

予防接種個人通知発送時期

予防接種

個人通知発送時期

Hib(ヒブ)感染症・小児の肺炎球菌感染症

生後2か月を迎える前の月

四種混合(DPT−IPV)・結核(BCG)

生後3か月を迎える前の月(3・4か月児健診の通知に同封)

麻しん風しん混合(MR)第1期

満1歳を迎える前の月

麻しん風しん混合(MR)第2期

小学校就学の前年の3月

二種混合(DT)

満11歳を迎える前の月

日本脳炎第1期※1

満3歳を迎える前の月

日本脳炎第2期※1

満18歳を迎える前の月

ヒトパピローマウイルス感染症※2

(子宮頸がん)

 

※1:日本脳炎の個人通知に関しては、積極的勧奨を行っていない期間があったため、特例措置がとられています。対象者へは通知を行っています。(通知がなくても、対象であれば接種は受けられます。)

※2:ヒトパピローマウイルス感染症の個別通知に関しては、厚生労働省からの勧告により、現在行っていません。詳しくは「HPV感染症予防接種の積極的勧奨の差し控えについて」をご覧ください。

このページのトップへ

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]


[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]