[ここから本文です。]

(2017年4月18日更新)

認定農業者制度について

認定農業者とは?

「農業経営基盤強化促進法」に基づき市町村が策定した基本構想に示された効率的かつ安定的な農業経営体を目指して、自らの農業経営を改善しようとする農業者が、経営改善のための計画(農業経営改善計画)を作成し、市町村の認定を受ける制度で、意欲と能力のある農業者を育成し、経営改善を図ろうとする農業者を支援していく制度です。

認定農業者になるには?

農業経営改善計画認定申請書を市に提出し、認定されると認定農業者になります。
詳しい手続きはこちらのページ

認定農業者のメリット

1 制度資金の活用

「スーパーL資金」、「農業近代化資金の特例」があります。
くわしくはこちらのページ

2 経営相談・研修会の実施

経営改善支援センター等による経営相談・研修・情報提供を受けることができます。

3 農用地の利用集積の支援

農業委員会が農用地の利用の集積のための調整をします。(この支援措置は、農地の権利移動のあっせん、農用地の出し手及び受け手の掘り起こし活動等に実績のある農業委員会が、認定農業者の申出を受けて、農用地の利用関係の調整を行うものです)

 

問い合わせ

川口市役所 農政課農業振興係(本庁舎4階

住所 〒332-8601 川口市青木2-1-1

電話 048-259-7644、048-259-7249(直通)

電話受付時間は、8時30分〜17時15分(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)

FAX 048-259-2622

E−Mail 100.04000@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]


[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]