トップに戻るサイト情報便利ガイド(国保)国民健康保険(子どもが生まれたとき)

[ここから本文です。]

(2015年4月7日更新)

国民健康保険(子どもが生まれたとき)

国民健康保険への加入

子どもが生まれてから、14日以内に市役所又は各支所・川口駅前行政センターに届け出をしてください。(駅連絡室ではできません。)

申請に必要なもの

 ○印鑑

 ○国民健康保険証

 ○母子健康手帳

 

◎手続きされる方が世帯主または加入する本人以外(代理人)の場合は、委任状(代理権授与通知書)が必要です。

 

出産育児一時金

被保険者が出産したときは、申請により出産育児一時金が42万円支給されます。妊娠12週(85日)以降であれば、死産・流産でも支給されます。

詳しくはこちら。(出産育児一時金について)

申請に必要なもの

 ○母子健康手帳(出生証明が記載されているもの、死産・流産の場合は医師の証明、海外出産の場合現地で発行された公的出生証明書類及びその翻訳)

 ○分娩機関が発行した出産費用の明細がわかるもの

 ○領収書

 ○保険証

 ○世帯主の印かん

 ○世帯主の振込口座がわかるもの

 ○産科医療補償制度への登録がある分娩機関の場合、登録証など

 ○直接支払制度の利用が確認できるもの

  ※海外出産の場合、パスポート等の渡航履歴がわかるもの、また、上記申請書類の翻訳が必要となります。

 

◎代理申請の場合は、代理申請書(窓口にあります)・代理人の印鑑が必要となります

 

入金方法

申請を受付してから2〜3週間後に、世帯主の口座に振込します。

 

注意事項

◎国保組合を除く他の保険へ本人として加入していた方が、他の保険離脱後6ヶ月以内に出産したときは、国保からの給付を受けられない場合があります。(加入していた健康保険から出産育児一時金が支給される場合があるため。)

◎国民健康保険税に未納がある方は、納付相談をしていただく場合があります。

 

受付場所

市役所国民健康保険課
各支所(駅連絡室では受付できません)
川口駅前行政センター

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻るサイト情報便利ガイド(国保)国民健康保険(子どもが生まれたとき)

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]