トップに戻る企画財政部情報政策課施策・計画オープンデータの取り組みについて

[ここから本文です。]

(2016年11月24日更新)

オープンデータの取り組みについて

 近年、国において行政機関等が保有するデータの民間事業者等による活用が進むよう、機械判読可能な形でデータを提供する「オープンデータ」の取組を推進しています。

 たとえば、公共データの活用促進のための基本戦略として、「電子行政オープンデータ戦略」が策定(平成247IT戦略本部決定)され、政府の新たなIT戦略、「世界最先端IT国家創造宣言では、めざすべき社会として、「革新的な新産業・新サービスの創出と全産業の成長を促進する社会の実現」とされており、その取り組みとして「公共データの民間開放の推進」が挙げられています

 本市においても、このようなオープンデータの推進のための取り組みを行っています。

 

 こちらは、本市で公開しているオープンデータ一覧です。

 

共通語彙基盤(IMI)

 官民にわたる多くの組織がオープンデータを活用し、分野を超えた情報交換を行うには、個々の単語について表記・意味・データ構造を統一し、互いに意味が通じるようにする必要があります。そのための仕組みとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では現在「共通語彙基盤」の構築を進めています。

 本市では、この共通語彙基盤の実証事業プロジェクトであるツールプロジェクトのうち、Webアプリケーション型データ構造設計支援ツールの作成に協力しています。

 IPA共通語彙基盤の試作ツールのページ

 

川口市子育てタウンデータRDFの公開

 本市では、子育て応援サイト「ママフレ」を公開しています。そのサイトでは、子育てに関する制度情報が構造化して管理されています。この子育て制度情報をネット上でオープンデータとして公開することにより、地域の子育て制度活用の活性化や、地域活性化、定住促進等への活用が期待されます。

 

アプリ等

災害を事前に学ぶためのハザードマップアプリ

 川口市ハザードマップアプリは、実際の風景に避難所情報等を重ね合わせて確認できるアプリです

川口市ごみの分別ガイド(Webアプリ)

 スマートフォンをはじめとするインターネットに接続できる携帯電話から、「ごみの分け方や出し方」についての情報を手軽に知ることができるWebアプリケーションを公開しています。

 

各種リンク(外部リンク)

埼玉県オープンデータポータルサイト

 埼玉県内の各自治体が提供するオープンデータを一元的に検索することができるサイトです。

データカタログサイト

 内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室による企画・立案の下、総務省行政管理局が運用するオープンデータに係る情報ポータルサイトです。

データカタログサイト

担当

川口市役所 情報政策課(本庁舎2階

住所   〒332-8601 川口市青木2−1−1

電話   048−258−4803、048−258−5706、048-259−7241(直通)

      電話受付時間は、8時30分〜17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

FAX   048−255−6063

E−Mail 040.03000@city.kawaguchi.lg.jp

 

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る企画財政部情報政策課施策・計画オープンデータの取り組みについて

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]