[ここから本文です。]

(2017年5月25日更新)

青少年ボランティア育成事業

次代を担う青少年のボランティアへの関心と活動を高めることを目的に、川口市と社会福祉法人川口市社会福祉協議会が協働で事業を実施します。

実施している事業

こどもフリーさろん

小学生を対象に、ボランティア体験を実施しています。

【開催日】 毎月第1、第3土曜日(夏休み、祝日を除く)

【時間】 10時30分から11時30分

【場所】 かわぐち市民パートナーステーション及びキュポ・ラ周辺

【対象】 市内在住及び在学の小学校1年生から6年生

【内容】 手話、点字、車椅子、障害者が作った製品の販売、多文化交流の体験ができます。

こどもフリーさろん詳細ページへ

 

青少年ボランティアスクール

中学生以上を対象とした、ボランティア体験です。

あなたも、夏休みにボランティア体験をしてみませんか?

 

青少年ボランティアスクールの詳細ページへ

 

【申込期間】 6月4日(日)から6月25日(日)まで(月曜日はお休みです)

【説明会】 7月20日(木) フレンディア(キュポ・ラ4階)

【体験期間】 7月21日(金)から8月13日(日)の受入団体・施設が指定する日数

【対象】川口市内在住・在学・在勤の 中学生以上概ね25歳まで

 

 

夏休みこどもボランティアさろん開設準備中!!

「こどもフリーさろん」の夏休み特別体験コースです。

 

夏休みこどもボランティアさろん詳細ページへ

 

青少年ボランティア大会(修了式)  

夏のボランティア体験修了式と、活動体験発表や活動を紹介します。

【開催日】 平成29年8月28日(月)

【場所】 フレンディア(キュポ・ラ4階)

 

ボランティアポイント制度

青少年がボランティアを行うきっかけづくりと、行ったボランティア活動を記録するための制度です。

かわぐち市民パートナーステーション等で、ボランティアポイントカードを配布しています。

本人の自発的なボランティア活動1時間に対し1ポイントです。

カードにポイントが20枚たまるごとに認定書を発行します。

 

通年ボランティア事業

中学生から高校生以上が継続して主体的にボランティア活動に関われるよう総合的な支援を行っています。

 

実施組織

この青少年ボランティア育成事業は、市民ボランティア、教育関係者、福祉関係者、知識経験者などで構成する「川口市青少年ボランティア育成委員会」が主体となり、川口市と川口市社会福祉協議会との協働で実施しています。

川口市の担当:協働推進課

〒332−0015埼玉県川口市川口1−1−1 キュポ・ラM4階

電話:048−227−7633

FAX:048−226−7718

開所時間:火曜日〜土曜日 9時30分〜21時00分、日曜日 9時30分〜17時00分

休所日:月曜日、祝日

川口市社会福祉協議会の担当:かわぐちボランティアセンター

〒332−0015埼玉県川口市川口1ー1ー1キュポ・ラM4階

電話048−227−7640

FAX048−227−7641

開所時間:火曜日〜金曜日9時30分〜18時30分、土曜日9時30分〜17時30分、日曜日9時30分〜17時00分

休所日:月曜日、祝日

問い合わせ

協働推進課

〒332-0015

埼玉県川口市川口1-1-1キュポ・ラ本館棟M4階

電話 048-227-7633

 電話受付時間:(火曜日から土曜日)9時30分〜21時 (日曜日)9時30分〜17時

 (月曜日・国民の祝日に関する法律に規定する休日・年末年始(12月28日〜1月4日)を除く) 

FAX 048-226-7718

E−Mail volun@city.kawaguchi.lg.jp

このページのトップへ

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]


[ここから問い合わせ先です。]

担当

  • 協働推進課

[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]