[ここから本文です。]

(2017年11月20日更新)

障害者自立支援医療(精神通院)

自立支援医療費(精神通院)

 統合失調症、うつ病、てんかんなどの病気を持つかたが通院してその治療を受けるとき、その医療費が軽減されます。入院の医療費は対象になりません。

 有効期間は最長1年間で、有効期間の終了日の3カ月前から更新手続ができます。

 

【対象者】
 精神疾患で外来治療を継続的に受けているかた

 

【費用負担】
 1割負担。ただし、「世帯」(同じ医療保険に加入している家族)の市民税額等に応じて、月額上限額までの支払いとなります。
 なお、所得が一定以上ある「世帯」のかたは、「重度かつ継続」に該当する場合を除き、給付の対象となりません。

 

【申請に必要なもの】
(1)申請書(障害福祉課にあります)
(2)意見書(障害福祉課にあります)
(3)保険証または生活保護受給者証(写しでも可)
(4)同意書(障害福祉課にあります)
  ※所得状況を確認するための同意書です。
     市外から転入された方は、マイナンバーを使って情報照会をすることができます。
(5)個人番号〔マイナンバー〕の確認ができる書類
  ※マイナンバーカード、通知カード等(コピーでも可)
(6)印鑑(認印は可、スタンプ式は不可)

《注意事項》 
 自立支援医療(精神通院)は、精神障害者保健福祉手帳と同時に申請できます。
 同時に申請を行う場合、手帳用の診断書があれば意見書は不要です。ただし、「重度かつ継続」にあたるかたは追加用意見書が必要となる場合があります。

 ※ 精神障害者保健福祉手帳を障害年金証書などの写しで申請する場合、自立支援医療(精神通院)は意見書が必要となります。

 

【窓口】 障害福祉課

 

問い合わせ

川口市役所 障害福祉課給付係(本庁舎別館1階
住所 〒332−8601 川口市青木2−1−1
電話 048−259−7678(直通)

電話受付時間は、8時30分〜17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

FAX 048−256−5650
E−mail 083.03000@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]


[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]