[ここから本文です。]

(2016年5月16日更新)

重度心身障害者医療費助成制度

重度心身障害者医療費助成

重度心身障害者が、医療機関で診察を受けた際に支払う医療費の自己負担分を助成します。
※ 高額療養費、附加給付金などの健康保険からの給付がある場合は、その金額を助成額から控除します。
※ 食事代や部屋代・文書料などの保険外診療は助成の対象となりません。 

 

受給者証の一斉更新については、こちらをご確認ください。

 

【対象者等】

次に該当する障害者手帳を65歳未満で交付されたかた
(1)身体障害者手帳1級から3級
(2)療育手帳○A・A・B
(3)精神障害者保健福祉手帳1級

※ 精神病床への入院費用を除きます。ただし、精神病床以外への入院費用は助成対象となります。また、65歳を迎えて後期高齢者医療制度に加入されている場合、精神病床への入院費用も助成対象となります。
(4)身体障害者手帳4級の音声・言語機能障害、または下肢機能障害1・3・4号のうち、65歳を迎えて後期高齢医療制度に加入されているかた
(5)精神障害者保健福祉手帳2級のうち、65歳を迎えて後期高齢医療制度に加入されているかた

 

※ ただし、生活保護、または中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による医療給付を受けているかたは助成の対象となりません。

 

【助成方法】

助成方法1窓口負担なしの場合

 医療機関の窓口で、健康保険証とともに受給者証(オレンジ色)を提示してください。

 川口市内の医療機関(医科・歯科・薬局)において、医療機関ごと、入院・外来別で、1カ月の保険診療分の自己負担額の合計が21,000円未満の場合、保険診療分について窓口でのお支払いが不要(無料)となります。

 

助成方法2窓口負担ありの場合

 次の場合は、窓口で一旦自己負担し、医療費支給申請書に医療機関の証明を受けるか、または領収書を添付して申請してください。毎月5日までに申請(郵送の場合は必着)のあったものを、その月の末日に登録されている金融機関の口座にお振り込みします。

(1)川口市内の医療機関(医科・歯科・薬局)において、医療機関ごと、入院・外来別で、1カ月の保険診療分の自己負担額の合計が21,000円以上かかる場合

(2)柔道整復(整骨・接骨)、鍼、灸、訪問看護などにかかる場合

(3)川口市外の医療機関等にかかる場合

 

【受給者証の一斉更新について】

障害者手帳の更新(再認定)に伴う有期認定の場合を除き、次回更新予定日は平成28年10月1日です。

原則、更新予定日前(平成28年9月下旬)に新たな受給者証を郵送します(手続き不要)。

※ 住所や健康保険に変更が生じた人等はお手続きください。

障害者手帳の更新(再認定)に伴う有期認定の場合は、障害者手帳の更新(再認定)手続きを行ってください。

 

【窓口】

 障害福祉課

 

※市役所職員等を名乗る詐欺にご注意ください

 

ダウンロード

申請書重度心身障害者医療費支給申請書(209KB)

記入方法記入方法(371KB)

申請方法について申請方法について(114KB)

 

問い合わせ

川口市役所 障害福祉課庶務係(本庁舎別館1階
住所 〒332−8601 川口市青木2−1−1
電話 048−259−7920(直通)
FAX 048−256−5650
E−mail 083.03000@city.kawaguchi.lg.jp

その他の医療費助成制度のページへその他の医療費助成制度のページへ

課のトップページへ戻る障害福祉課トップページへ

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]


[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]