[ここから本文です。]

(2014年11月27日更新)

わかゆり学園

施設名

川口市心身障害福祉センターわかゆり学園(かわぐちししんしんしょうがいふくしせんたーわかゆりがくえん)
住所

〒334-0073 川口市大字赤井1227

案内図

案内図へのリンク

電話 048-284-3450(代表)
FAX 048-284-3451
e-mail 083.07000@city.kawaguchi.lg.jp

 

わかゆり学園の写真

利用時間

(1)児童発達支援センター、児童発達支援事業所 :午前9時30分〜午後1時30分
(2)障害福祉サービス事業所(生活介護、就労移行支援、就労継続支援B型):午前8時30分〜午後4時(ただし、通園バス利用者は午前9時30分〜午後3時30分)
(3)地域活動支援センター:午前10時〜午後3時30分

休所日

土・日曜、休日、年末年始(児童福祉施設12月25日〜1月7日、その他の施設12月27日〜1月4日)*その他、年度末と年度始めの数日間および、夏期休園があります。詳しくは、学園にお問い合わせください。

施設内容

事務室、各事業所

業務内容

わかゆり学園は、心身障害児から成人まで一貫した体系のもとで年齢や障害程度に応じた適切な指導等訓練を行い、障害児については早期療育の効果をあげ、障害者については社会的自立の促進を図ることを目的としています。
(児童福祉施設)
1.児童発達支援センター(定員40名)−就学前の知的障害児を家庭から通園させ、児童の特性及び身体状況に応じ日常生活及び社会適応のための指導を行います。
2.児童発達支援事業所(利用定員30名)−就学前の心身障害児を保護者と共に通園させ、日常生活及び集団生活へ適応する力を養います。
(障害福祉サービス事業所)

3.就労移行支援事業所(定員6名)−一般就労等への移行に向けて、園内や企業における作業や実習、適性にあった職場探しや職場定着のための支援を行います。
4.就労継続支援B型事業所(定員44名)−就労や生産活動の機会を提供し(雇用契約はありません)、生産活動における事業収入から相当する工賃を支払います。

5.生活介護事業所(定員185名)−知的障害者を家庭から通園させて、その自立更生に必要な支援を行います。
6.地域活動支援センター(利用定員20名)−心身に障害があるために外出の機会が少ない方のための社会参加の促進、身体機能の維持向上等を図ることを目的とします。

利用案内

  児童福祉施設及び障害福祉サービス事業所の利用を希望されるかたは、事前に川口市役所障害福祉課(社会福祉事務所)の利用決定を受ける必要がありますのでご相談ください。

 地域活動支援センターの利用を希望されるかたは、直接わかゆり学園にお問い合わせください。

相談事業

  川口市障害者相談支援センターわかゆり−障害をお持ちの方の地域生活を支援するための様々な相談活動を行ないます。

 

利用案内

相談支援センターへのご相談は、お電話にて直接お問い合わせください。

[電話048-284-7122(直通)利用時間:午前8時30分〜午後5時]

わかゆり学園分室(旧鳩ヶ谷市障害者相談支援室)

住所:〒334-0002 川口市鳩ヶ谷本町4−8−11

電話:048-282-5613

FAX:048-282-5448

交通機関

<バス>JR川口駅より (川07)サンテピア行、「サンテピア」下車、徒歩3分
<バス>JR川口駅より 鳩ヶ谷公団住宅行「鳩ヶ谷本町1丁目」下車、徒歩10分
<バス>JR西川口駅より 東川口駅南口行「慈林」下車、徒歩10分

案内図

お知らせ

わかゆり学園からのお知らせ

 

 

わかゆり学園 掲載ページ一覧

 

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]



[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]