トップに戻る健康増進部保健衛生課救急医療関連情報これからも大切な救急医療が続けられるために

[ここから本文です。]

(2017年5月17日更新)

これからも大切な救急医療が続けられるために

24時間365日、すべての患者に対して、日中の通常の医療同様の高度で専門的な診療を提供することは不可能です。救急医療は、「応急処置」であることをご理解ください。

救急医療の現状

全国的に医師不足が社会問題となっていますが、川口市でも例外ではなく地域の中核的病院における勤務医不足が深刻な問題となっています。

救急医療とは、急なケガや病気をしたときに対応してくれる医療機関です。

しかし、休日や夜間に救急医療を担う病院へ、症状の比較的軽い患者さんが集中し、病院に勤務する医師から、限界との声が聞こえてきています。

このままでは、救急医療の崩壊を招き、本当に必要になったときに救急医療を受けることができなくなる恐れがあります。

 

川口市の救急医療体制(※ケガや病気の程度により、医療機関の役割が異なります。)

○初期(一次)救急医療(かかりつけの診療所・医院・クリニックなど)

風邪や腹痛など入院を必要とせず、診察や投薬で治療できる比較的症状の軽い患者さんに対応するものです。

 

○第二次救急医療(専門的な治療、検査をしてくれる大きな病院)

入院や手術を必要とする重症患者さんに対応するものです。

 

○第三次救急医療(救命救急センター)

命にかかわる重篤な救急患者さんに対応するものです。

 

『市民の皆様の命を守る救急医療体制を維持するためには、救急医療を適正にご利用いただくための一人ひとりの心がけとご協力が必要です。』

 

医療機関を受診する際のお願い

できるだけ、医療機関が診療している昼間の時間内に受診しましょう。

 

昼間のほうが医療スタッフがそろっています

 

※救急医療は、便利な時間外診療ではありません。気軽に受診することは避けましょう。

 

救急医療は、あくまで緊急事態に備えるためのもので限られた医療スタッフで診療を行っていますので、通常の診療時間内のほうが、診療体制が整っています。

なお、初期救急医療で受診され、入院や手術の必要があると認められる場合には、第二次・第三次救急医療機関と連携して診療してもらえるので、ご安心ください。

 

その救急車、本当に必要ですか?救急出動20,000件超える!

救急車を本当に必要としている人のために、適正利用にご協力を!

救急車の利用は、緊急性の高いケガや病気などに利用するものです。軽い症状の場合は自分で病院に行きましょう。搬送された人の約半数が軽症です。

 

小児夜間救急の現状

本市の小児救急医療は、医師不足に加え、軽症の患者さんが休日や夜間に救急病院へ集中する傾向にあり、小児科医への負担が増大するなど深刻な問題となっております。安心して受診できる体制を維持するために以下のことにご協力ください。

 

○昼間の診療時間内に受診しましょう

(診療時間内のほうが、医療スタッフの診療体制が整っています。)

○かかりつけの小児科医を持ちましょう

(かかりつけ医は、ふだんのようすがわかります。)

○こどもの症状でわからない場合には、埼玉県小児救急電話相談『#8000』を利用しましょう。

(こどもの急病時の家庭での対処方法や受診の必要性を助言してくれます。)

○救急医療機関の問い合わせ

【電話番号】

048-824-4199(24時間対応可)

※歯科は除く

詳しくは、埼玉県救急医療情報システム(埼玉県ホームページ)をご覧ください。

 

○埼玉県小児救急電話相談(埼玉県)

子どもの急病(発熱、下痢、嘔吐など)時の家庭での対処方法や受診の必要性について助言してくれます。

【電話番号】

#8000(NTTのプッシュ回線をご利用の場合)

048-833-7911(ダイヤル回線、IP電話、ひかり電話をご利用の場合)

【相談時間】

※平成27年4月1日(日)から時間が延長されました!

 

相談時間

月曜日から土曜日

19時から翌朝7時まで

日曜日・祝日・年末年始

7時から翌朝7時まで

【ご利用上の注意】

この電話相談は、あくまで子どもの急な病気やケガについて相談に応じるものです。育児相談などには応じかねます。またこの相談は助言を行うものであり、診断や治療を行うものではありませんので、あらかじめ御了承ください。

詳しくは、埼玉県小児救急電話相談(埼玉県ホームページ)をご覧下さい。

こどもの救急(公益社団法人日本小児科学会)

夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。

詳しくは、公益社団法人日本小児科学会こどもの救急をご覧ください。

 

かかりつけ医を持ちましょう!

○かかりつけ医は、健康について気軽に相談できる専門家です。

○急病などの際には、まずかかりつけ医の先生に相談しましょう。

○同じ医師が続けて診療するので、ふだんのようすがわかります。

○一人ひとりにあわせたかかりつけ医の診療で安心が生まれます。

地域診療イメージ図

 

問い合わせ先

保健衛生課保健衛生係
住所:〒332-0031 川口市青木3-3-1(青木会館5階)
郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1
電話:048-258-1642(直通)
電話受付時間:8時30分〜17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

FAX:048-258-6019
E-mail:087.01000@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る健康増進部保健衛生課救急医療関連情報これからも大切な救急医療が続けられるために

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]