[ここから本文です。]

(2016年3月3日更新)

第3次川口市地球高温化対策実行計画(事務事業編)

〜川口市エコオフィスづくり行動計画〜

■計画の概要

【計画の目的】

 「第3次川口市地球高温化対策実行計画(事務事業編)」は、地域の一事業者、一消費者の立場から、市役所が率先して事務事業活動に伴う温室効果ガスの排出の抑制に取り組む行動を推進することを目的とします。

【計画の位置づけ】

 本計画は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」第20条の3に基づき、地方公共団体に策定が義務付けられている事務事業に係る温室効果ガスの排出抑制などのための措置に関する計画とします。

 また、「川口市環境基本計画」および「川口市地球高温化対策実行計画(区域施策編)」に掲げている「地球高温化の防止」への対策を具体的に実行するために策定し、市役所が自ら排出する温室効果ガス排出削減のための「行動計画」として位置づけます。

【計画の期間】

 2011(平成23)年度から2015(平成27)年度までの5年間とします(2011〔平成23〕年9月策定)。

 ただし、2022(平成34)年度までを計画期間とする「川口市地球高温化対策実行計画(区域施策編)」に基づく市役所の取り組みを推進するために、各対策は、中長期的な視野を持って取り組むものとします。

【計画の対象範囲】

 本計画の対象とする範囲は、市が行う事務事業全般です。

 なお、外部への委託などにより実施するものについては対象外としますが、その場合についても受託者などに対して、温室効果ガスの排出抑制のための措置を講じるよう要請します。

【計画推進のために】

 本計画は、計画(Plan)、実施(Do)、点検・評価(Check)、見直し(Act)という一連の流れ(PDCA サイクル)に基づき、毎年度の進行管理を行います。温室効果ガスの排出状況、計画の進ちょく状況の把握結果については、「川口市環境報告書」、ホームページなどを通じて公表します。

 

■市役所の温室効果ガス排出量の現状

 本市では、温室効果ガス排出量の内訳を、「一般排出量」と「ごみ焼却排出量」に分類し、その算定を行っています。

◇一般排出量:ごみの焼却を除く、市役所すべての事務事業から発生する温室効果ガス排出量のこと。

◇ごみ焼却排出量:ごみの焼却に伴う温室効果ガス排出量のこと。

【市役所の温室効果ガス排出量の推移】

 温室効果ガス排出量の推移は、前計画である「第二次川口市地球温暖化対策実行計画」の基準年度(2006〔平成18〕年度)から、本計画の基準年度(2009〔平成21〕年度)までの経年変化を示しています。

 一般排出量は、2007(平成18)年度、増加に転じましたが、それ以降、わずかではありますが減少しています。2009(平成21)年度の一般排出量は39,375t-CO2、2006(平成18)年度に比べ166t-CO2増加(+0.4%)となり、おおむね横ばいで推移しているといえます。

 一方、ごみ焼却排出量は、2009(平成21)年度70,465t-CO2であり、2006(平成18)年度から20,060t-CO2減少(−22.2%)しています。

 なお、2009(平成21)年度の総排出量は109,840t-CO2となり、2006(平成18)年度に比べ19,894t-CO2減少(−15.3%)となっています。

 また、温室効果ガスの種類別にみると、二酸化炭素(CO2)が97.0%、次いで一酸化二窒素が2.8%排出されているほかは、メタン(CH4)、ハイドロフルオロカーボン(HFC)の排出は微量です。

◆部門別温室効果ガス総排出量の推移

温室効果ガス経年グラフ

 

■温室効果ガス削減目標

市役所の事務事業全体に係る温室効果ガスの排出量(二酸化炭素換算値)を、2015(平成27)年度までに、

基準年度(2009〔平成21〕年度)比で8%以上削減することを目指します。

 

■温室効果ガスの排出削減のための取り組み

 市は、温室効果ガスの排出の抑制に向けて、率先して具体的な取り組みを進めることとします。

【目標の達成に向けた温室効果ガスの排出削減のための取り組み】

一般排出量の削減のための取り組み

エコオフィス活動の徹底

◇庁舎などの管理に関する取り組み

◇公用車の使用、移動に当たっての配慮

◇グリーン購入、グリーン契約、物品等の使用に当たっての配慮

低炭素型オフィスの整備

◇再生可能エネルギー、省エネルギー設備・機器の導入

◇クリーンエネルギー自動車などの導入

◇環境性能の高い公共施設の整備

◇建築物などの設計・工事にあたっての配慮

ごみ焼却排出量削減のための取り組み

 

◆川口市地球高温化対策実行計画(事務事業編)◆

一括ダウンロードはこちらから

PDFファイル川口市地球高温化対策実行計画(事務事業編)(239KB)

分割ダウンロードはこちらから

表紙

PDFファイル(81KB)
目次 PDFファイル(16KB)
第1章 実行計画の概要 PDFファイル(27KB)

1−1 策定の背景

1−2 目的

1−3 計画の位置づけ

1−4 計画期間および基準年度

1−5 計画の対象範囲

1−6 計画の対象とする温室効果ガス

1−7 関連計画との連携

第2章 温室効果ガス排出量の現状 PDFファイル(74KB)

2−1 温室効果ガスの総排出量

2−2 温室効果ガス排出量の推移(2006〔平成18〕〜2009〔平成21〕年度)

2−3 発生源別の温室効果ガス排出量

2−4 これまでの取り組みによる排出削減の状況

2−5 事務事業に伴う温室効果ガス削減に当たっての課題

第3章 温室効果ガスの削減目標 PDFファイル(37KB)

3−1 総排出量に係る削減目標

3−2 一般排出量に係る削減目標

3−3 ごみ焼却排出量に係る削減目標

第4章 温室効果ガスの排出削減のための取り組み PDFファイル(64KB)

4−1 取り組みの体系

4−2 一般排出量削減のための取り組み

4−3 ごみ焼却排出量削減のための取り組み

第5章 計画推進のために PDFファイル(36KB)

5−1 実行計画の推進体制

5−2 PDCAサイクルによる進行管理

5−3 職員の研修など

5−4 実行計画の進捗状況の点検・評価および公表

資料編 PDFファイル(112KB)

資料1.温室効果ガス排出係数・地球温暖化係数

資料2.用語解説

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]


[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]