トップに戻る環境部環境保全課環境測定微小粒子状物質測定結果平成28年度 微小粒子状物質成分分析結果について

[ここから本文です。]

(2017年11月7日更新)

平成28年度 微小粒子状物質成分分析結果について

 川口市では、微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染の状況を把握するため、微小粒子状物質(PM2.5)の成分分析を実施しております。

 平成28年度は、南平測定局と芝測定局で成分分析を季節ごとに実施しました。
 季節間の成分構成の変動を見ると、硫酸イオンは春季に濃度が高くなり、硝酸イオン・塩化物イオンは秋季・冬季に濃度が高くなる傾向が見られました

 

詳細な結果はこちらをクリックしてください→PDF文書平成28年度微小粒子状物質成分分析測定結果(78KB)

 

調査地点についてはこちらをクリックしてください→PDF文書平成28年度微小粒子状物質成分分析調査地点図(118KB)

 

年度別にまとめた調査結果の一覧が、こちらのページにあります→ 環境測定結果一覧

 

お問い合わせ

川口市役所  環境保全課分析センター(石神配水場内

住所  〒333-0823  川口市大字石神854−1

電話 048-298-4346(直通)

電話受付時間は、8時30分〜17時15分(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)

FAX  048-295-4988

E-Mail  090.05010@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る環境部環境保全課環境測定微小粒子状物質測定結果平成28年度 微小粒子状物質成分分析結果について


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]