トップに戻る環境部環境保全課光化学スモッグに気をつけましょう

[ここから本文です。]

(2016年6月10日更新)

光化学スモッグに気をつけましょう

市では、光化学スモッグ注意報等の発令及び解除時に防災無線でお知らせするとともに、公共施設等で発令中の看板を掲示して、注意を呼びかけています。

また、注意報等の発令及び解除状況等を、リアルタイムに知ることができる電子メール配信サービスを行っていますので、是非ご活用ください。

「きらり川口情報メール」サービス

配信を希望される方は、以下のリンク先より、「防災行政無線情報メールを選択してご登録ください。

防災行政無線情報メールは、防災行政無線で放送される情報を電子メールにて配信するサービスです。注意報等の発令・解除の状況以外に、不審者情報や、防犯啓発情報メールも配信されます。併せてご活用ください。

埼玉県による光化学スモッグ発令・解除情報

光化学スモッグ注意報等の発令及び解除の情報のみの配信をご希望の方は、埼玉県でも光化学スモッグ注意報等の発令・解除状況をメールで配信しています。希望される方は、以下のページからお申込みください。

光化学スモッグについて

自動車や工場などから排出される窒素酸化物と炭化水素が、太陽の強い紫外線を受けると光化学反応を起こし、オゾンなどの光化学オキシダント(酸化性物質)を発生させます。

気象条件によっては、この光化学オキシダントがたまり白くもやがかかったような状態になることがあります。この状態を「光化学スモッグ」と呼んでいます。

光化学スモッグが発生しやすい時期・条件は?

5月から9月の間に、以下の条件が揃うと、光化学スモッグが発生しやすくなります。

  1. 日差しが強い
  2. 気温が高い
  3. 風が弱い

注意報(警報)が発令された場合は?

  •  なるべく外出を避けるようにしましょう。
  •  屋外での運動を控えましょう。遊んでいる子供がいたら、声をかけてあげましょう。
  •  自動車の使用を控え、公共交通機関を利用するように心がけましょう。
  •  帰宅したらうがいするように心がけましょう。

次のような症状が表れたら?

  •  目がチカチカしたり痛いときは、洗眼しましょう。
  •  のどの痛みを感じたら、うがいをしましょう。

もし、洗眼やうがいをしても良くならないときや、呼吸困難やけいれんがあったときは、医師の診察を受けましょう。

また、被害を受けたときは、川口保健所または環境保全課にご連絡ください。

光化学スモッグ注意報等の発令状況及び基準

現在の発令状況等は以下のページで確認できます。

区分

発令基準
光化学スモッグ注意報 光化学オキシダント濃度が0.12ppm(上記システムでは【OX】が120ppb)以上になり、気象条件からみてその状態が継続すると認められるとき。
光化学スモッグ警報

一般的に光化学オキシダント濃度が0.24ppm(上記システムでは【OX】が240ppb)以上になり、気象条件からみてその状態が継続すると認められるとき。

ただし、埼玉県では0.20ppm(上記システムでは【OX】が200ppb)以上で発令しています。

注)ppmとは「Parts Per Million」の略で、【100万分の1】の単位を表します。例えば、1ppmは0.0001%を意味します。

同様に、ppbとは「Parts Per Billion」の略で、【10億分の1】の単位を表します。例えば、1ppbは0.0000001%を意味します。

関連リンク

関連ページ リンク先の説明
光化学スモッグについて 埼玉県大気環境課の光化学スモッグに関するページです。
埼玉県の大気状況 埼玉県の大気関係全般に関するページです。
環境省大気汚染物質広域監視システム 全国の大気汚染状況について、24時間情報提供しているページです。
発令状況・大気常時監視時報値(携帯電話用) 環境省の携帯電話用のページです。

 

お問い合わせ

川口市役所  環境保全課大気係(リサイクルプラザ4階

住所  〒332-0001  川口市朝日4-21-33

電話  048-258-1110(代表)  内線1418・1419

直通  048-228-5389

FAX  048-228-5311

E-Mail  090.05000@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る環境部環境保全課光化学スモッグに気をつけましょう

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]