トップに戻る環境部環境保全課石綿含有建築物等の解体・補修に関する規制について

[ここから本文です。]

(2015年5月19日更新)

石綿含有建築物等の解体・補修に関する規制について

石綿(アスベスト)の分析調査について

石綿には、クリソタイル、アモサイト、クロシドライト、トレモライト、アクチノライト、アンソフィライトの6種類があります。このうち、建材として使用されてきたのは、クリソタイル、アモサイト、クロシドライトの3種類とされ、トレモライト、アクチノライト、アンソフィライトの3種類については、国内での使用はほとんどないとされてきました。しかし、最近になって、国内での使用はないとされていたトレモライト等の石綿が、建材から検出されました。

つきましては、石綿の分析調査を行う際には、以下の点に注意し対応を徹底してください。

  • 今後、分析調査を行う際には、6種類全ての石綿を対象としてください。
  • 過去に行った分析調査において、トレモライト等の有無を未確認の場合は、再度分析調査を行い、6種類全ての石綿の有無を確認してください。

埼玉県非飛散性石綿含有建材解体工事ガイドラインについて

埼玉県では、非飛散性石綿含有建材(石綿含有成形板等)の解体工事において石綿の飛散を防止するため、ガイドラインを作成しています。これらの工事を行う際には、ガイドラインに沿って作業し、石綿の飛散防止に努めてください。

PDF文書埼玉県非飛散性石綿含有建材解体工事ガイドライン(2552KB)

石綿(アスベスト)の除去作業等の規制について

吹付け石綿など特定建築材料が使用された建築物又は工作物を解体、改造・補修する場合は届出をし、大気汚染防止法等による作業基準に従って処理を行わなければなりません。川口市内での届出先は下記のとおりです。

対象物 建築物又は工作物
特定建築材料

・吹付け石綿(石綿含有吹付け材を含む)

・石綿を含有する断熱材

・石綿を含有する保温材

・石綿を含有する耐火被覆材

工法

・除去

・封じ込め
・囲い込み

大気汚染防止法に基づく届出先

環境保全課

※作業の14日前までに届出を行う

様式ダウンロード

労働安全衛生法に基づく届出先

川口労働基準監督署

電話番号:048-252-3773

FAX:048-252-3867

所在地:川口市川口2-10-2

  • 上記以外の石綿含有建材の除去・取り外し作業についても石綿飛散防止対策マニュアルでは作業基準を定めています。石綿飛散防止対策マニュアルは環境省、埼玉県のホームページからダウンロードできます。
  • 床面積80平方メートル以上の建築物(石綿の使用の有無を問いません)の解体を行う際には作業の7日前までに建設リサイクル法に基づく届出を建築審査課に提出する必要があります。
  • 廃棄物の処理に関しては、下記にお問い合わせください。
問合せ先

埼玉県産業廃棄物指導課

中央環境管理事務所
電話番号 048-830-3135 048-822-5199
FAX 048-830-4774 048-822-5139
所在地

さいたま市浦和区高砂3-15-1

県庁第三庁舎2階

さいたま市浦和区北浦和5-6-5

県浦和地方庁舎3階

関連リンク

石綿(アスベスト)飛散防止対策マニュアル

環境省のページ

埼玉県のページ

建設リサイクル法に基づく届出

川口市建築安全課のページ

建設リサイクル法のページ

石綿(アスベスト)問題の取組 環境省のページ
石綿(アスベスト)問題の対応について 国土交通省のページ
石綿(アスベスト)に関する情報について

厚生労働省のページ

埼玉県のページ

 

お問い合わせ

川口市役所  環境保全課大気係(リサイクルプラザ4階

住所  〒332-0001  川口市朝日4-21-33

電話  048-258-1110(代表)  内線1418・1419

直通  048-228-5389

FAX  048-228-5311

E-Mail  090.05000@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る環境部環境保全課石綿含有建築物等の解体・補修に関する規制について

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]