トップに戻る環境部環境保全課ダイオキシン類対策について

[ここから本文です。]

(2016年3月31日更新)

ダイオキシン類対策について

ダイオキシン類とは?

ダイオキシン類とは、炭素、水素、塩素などから構成された75種類のPCDD、135種類のPCDF、12種類のCo‐PCBを含めた化合物の総称です。

  • PCDFs:ポリ塩化ジベンゾフラン
  • PCDDs:ポリ塩化ジベンゾ‐パラ‐ジオキシン
  • Co‐PCBs:コプラナ‐ポリ塩化ビフェニル

ダイオキシン類の性質

ダイオキシン類は、通常は無色の固体で、水に溶けにくく、脂肪には溶けやすいという性質があります。また、酸やアルカリにも反応せず、安定な化合物ですが、紫外線により徐々に分解されるといわれています。

一般的には人工的に作られた物質の中で史上最強の毒物で、青酸カリの約1000倍の毒性があるといわれていますが、これは日常の生活の中で摂取する量の数十万倍の量を摂取した場合の急性毒性のことです。

ダイオキシン類の発生源と対策

ダイオキシン類は、炭素・酸素・水素・塩素が熱せられるような過程で自然にできてしまう副生成物です。

現在のダイオキシン類の主な発生源は、廃棄物焼却炉ですが、製鋼などの産業系からもダイオキシン類が発生しています。また、たばこの煙、自動車の排気ガスといった身近なところからも発生しています。

平成12年にダイオキシン類対策特別措置法(以下ダイ特法と略す)が施行され、ダイ特法に規定する特定施設を有する事業者に届出が義務づけられ、特定施設の設置者による自主測定や排出基準の遵守、特定施設の適正管理の徹底が図られました。その結果、法律施行前の平成11年度にはダイオキシン類の排出量が埼玉県内で約200g-TEQもありましたが、平成26年度は8.4g-TEQと約96%の削減を達成しました。

  • 「TEQ」・・・毒性等量のことで、もっとも毒性の強い種類のダイオキシン(2,3,7,8‐四塩化ジベンゾ‐パラ‐ジオキシン)に換算した値。

1.環境中のダイオキシン類濃度の測定

ダイ特法に基づき、ダイオキシン類調査を行っています。平成26年度は大気3地点(年2回)、河川水1地点(年2回)、河川底質1地点(年1回)、地下水1地点(年1回)、土壌3地点(年1回)について調査を実施し、全地点で環境基準に適合しています。

 

2.自主測定状況

市内のダイ特法に規定する特定施設の届出状況は、大気関係が5事業所8施設、水質関係が3事業所6施設となっています(平成27年3月31日現在)。平成26年度は、大気関係4事業所7施設について自主測定の状況を確認したところ、基準に適合していました。なお、1事業所1施設については、休止のため、自主測定の実施を確認していません。

また、報告義務のある水質関係1事業所1施設について同様に確認したところ、基準に適合していました。

 

3.焼却炉の規制と指導

ダイオキシン類は高温で燃やすと分解され、不完全燃焼によって発生しやすいことから、排出抑制策として適正な焼却炉以外の使用を禁止しています。

埼玉県においては焼却炉の焼却能力に応じて、ダイ特法や埼玉県生活環境保全条例等により、構造・維持管理基準及び排出基準が定められています。また、野焼きや適正な焼却炉を使用しない焼却のことを”野外焼却”と定義し、条例で禁止されています。

これに基づき川口市では、不適正焼却炉の撤去指導と野外焼却パトロールを毎月実施しています。

 

関連リンク

内部リンク リンク先の説明
ダイオキシン類対策特別措置法届出書ダウンロード ダイオキシン法に規定する特定施設の設置届出書等がダウンロードできます。
ダイオキシン類の自主測定結果 設置者が市に報告をしたダイオキシン類の測定結果に関するページです。
ダイオキシン類調査結果 市が実施したダイオキシン類の環境調査に関するページです。
野外焼却禁止について 野外焼却に関するページです。
外部リンク リンク先の説明
環境省のページ 環境省のダイオキシン類に関するページです。
埼玉県のページ

埼玉県のダイオキシン類対策に関するページです。

 

お問い合わせ

川口市役所  環境保全課大気係(リサイクルプラザ4階

住所  〒332-0001  川口市朝日4-21-33

電話  048-258-1110(代表)  内線1418・1419

直通  048-228-5389

FAX  048-228-5311

E-Mail  090.05000@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る環境部環境保全課ダイオキシン類対策について

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]