トップに戻る経済部経営支援課川口市産業技術・技能者顕彰制度平成25年度川口市産業技術・技能者顕彰受賞者

[ここから本文です。]

(2017年4月1日更新)

平成25年度川口市産業技術・技能者顕彰受賞者

「川口市産業技術・技能者顕彰制度」とは川口市の産業の第一線を担う、優れた技術・技能を顕彰することにより、その社会的地位の向上を図るとともに、技術・技能者の継承及び人材の確保・育成を目的として、平成7年度から実施している表彰制度です。

 

氏名

職種

勤務先

川口耀き賞 小谷 孝夫 鋳物工 SPR株式会社
川口技あり賞 山口 章 鋳物工 富和鋳造株式会社
川口技あり賞 吉田 薫 金属工作機械工 株式会社共和歯車製作所
川口技あり賞 豊平 良明 蒔絵師 豊平 翠香
川口技あり賞 白鳥 政彦 金属ヘラ絞り工 有限会社箕輪ヘラ絞製作所
川口チャレンジ賞 金田 庄 電子応用機械器具組立工 株式会社コスミック エム イー

 

募集は年1回行われ、その対象となるのは、市内の事業所に勤める現役の技術・技能者で、卓越した技術・技能を有する方となります。受賞者の選定については、「川口市産業技術・技能者顕彰制度審査委員会」の審査を経て、川口産業技術・技能者大賞(最優秀賞)と、4つの部門賞(川口耀き賞、川口技あり賞、川口グッドアイディア賞、川口チャレンジ賞)の受賞者を川口市長が決定します。毎年、様々な業種・職種から応募をいただき、平成25年度までの受賞者は49業種156名となりました。

 

川口耀き賞

 

 

小谷 孝夫

(こたに たかお)

 

鋳物工

 

自動車部品を、キューポラ熔解・生砂自動造型ラインで製造。鋳造方案・調砂・造型・熔解において50年の経験と理論を持つエンジニアである。延べ2,500種の鋳造方案を作製し、独自の「湯道方案」「ガス道設置」「セキ方案」で不良対策を行う。2011年3月の大震災後、福島工場の倒壊したキューポラ、電気炉・鋳造ライン等を自作の復興計画・品質工程表に基づき1ヵ月で復旧させた。

 

SPR株式会社

川口市川口2-13-19  TEL 048-253-0373

http://www.spr-gr.com

 

改善対策「鋳造方案図」

インターネット上の方案図を元に

不良対策を含めた教育指導

 

川口技あり賞

 

 

山口 章

(やまぐち あきら)

 

鋳物工

 

バルブ・ポンプ等500kg〜20tの大型銑鉄鋳物を製造。現在も手込めで行われる大型鋳物の鋳型造型と、方案策定作業で優れた技能を発揮する。鋳型造型では、鋳型内部の湯(溶けた金属)の動きをイメージしながら、溶湯による浮力や、凝固時の収縮応力への対策を施し、製品の変形を防止している。1つの作業ミスが重大事故につながる鋳造現場の責任者として川口鋳物を担う。

 

富和鋳造株式会社

川口市本町1-19-1 TEL 048-222-3788

http://www11.ocn.ne.jp/~tomiwa/

 

大型ポンプ用ケーシングの

製品と鋳造方案

造型作業の様子

 


 

 

吉田 薫

(よしだ かおる)

 

金属工作機械工

 

船舶エンジン、自動車、鉄道車両等に使用される各種精密歯車を製造。最終工程である歯車研削部門の責任者を務め、歯車研削作業及びマシニングセンタ作業では、市内でも卓越した技能を持つ。平成21年に機械加工(ホブ盤作業)で一級機械加工技能士に合格。平成24年度より技能検定委員を委託され、技能検定試験実施の手伝いに携わる。

 

株式会社共和歯車製作所

川口市江戸袋2-8-6 TEL048-284-4311

http://www.machinemate.or.jp/kyowa/

 

アルミの削り出し部品

ホブ盤作業の様子

 


 

 

豊平 良明

(とよひら よしあき)

 

蒔絵師 豊平 翠香(とよひら すいこう)

 

関東でただ一人といわれる江戸蒔絵師。棗(なつめ)・香合等、主に茶道具を制作する。粘度の高い漆で絵を描いた上に金粉など金属粉を蒔く表現に、漆で貝を貼る螺鈿(らでん)技法、薄い金板や銀板を貼る平文(ひょうもん)技法を組み合わせ、漆芸の全工程を一貫して行う。会得した高度な技法と確かな腕を見込まれ、古代蒔絵の保存・修復の依頼を受けるほか、由緒ある雅楽の笙に蒔絵を施す。

 

川口市坂下町

 

 

粒菊蒔絵大棗(つぶぎくまきえおおなつめ)

幅7cm×高さ8.5cm

絵付けの様子

 


 

 

白鳥 政彦

(しらとり まさひこ)

 

金属ヘラ絞り工

 

ヘラ絞り加工は、主に円盤状の金属板を回転させながら、中央の金型に合わせ、ヘラと呼ばれる棒を押し当て成形する技術。医療機関用掃除機やその他の部品として、アルミ・鉄・真鍮等のほか、チタンの加工も行う。金属が、ろくろで挽く粘土のようにやすやすと成形されるさまは、まさに職人の技である。“箕輪のヘラ絞り”として川口商工会議所「川口 i-monoブランド」認定。


有限会社箕輪ヘラ絞製作所

川口市中青木4-8-3 TEL048-258-0417

http://minowa-hera.jp/

 

照明器具部品

ヘラ絞り加工の様子

 

川口チャレンジ賞

 

 

金田 庄

(かねだ しょう)

 

電子応用機械器具組立工

 

電気回路の設計をはじめ、心臓のカテーテル治療で使用される高周波焼灼装置等、医療機器や電子機器を開発・製造。はんだ溶接を主とする電子基板の組立、リカバリー作業を行う。平成25年、(一社)日本溶接協会「マイクロソルダリング技術上級オペレータ」資格を取得。今後も上位資格の取得と、マニュアル化できない作業感性の向上、後進への基礎技術の伝承を目指す。

 

株式会社コスミック エム イー

川口市芝2-13-3 
TEL048-268-9811

http://www.cme.co.jp/

 

つま楊枝の先程度の範囲に

2〜3本配線を施す

はんだ溶接作業の様子

 

 

*平成25年度パンフレット

PDF文書平成25年度川口市産業技術・技能者顕彰制度受賞者(2640KB)

 

問い合わせ

川口市役所  経済部 経営支援課 雇用支援係(本庁舎4階)
住所 〒332-8601 川口市青木2-1-1
直通 048-258-7921

          電話受付時間は、8時30分〜17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

FAX  048-259-2622
E-mail
100.03000@city.kawaguchi.lg.jp

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る経済部経営支援課川口市産業技術・技能者顕彰制度平成25年度川口市産業技術・技能者顕彰受賞者

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]