トップに戻る下水道部下水道維持課からのお知らせ

[ここから本文です。]

(2016年5月19日更新)

下水道維持課からのお知らせ

下水道管への接続をお願いいたします。

雨水を有効利用しましょう。

下水道には流せないものがあります。

工場排水・除害施設・水質分析について

業者からの下水の清掃・修理といった"セールス"勧誘"にご注意ください。 

 

◎ 下水道管への接続をお願いいたします。

 家の前の道路に下水道管が入っていて、まだ下水道に接続されていない場合は、速やかに下水道に接続をしてください。全ての方が下水道に接続していただくことで、地域の生活環境改善(公衆衛生向上)、河川等の水質汚濁防止へとつながっていきます。

お問い合わせは、工事関係−川口市指定排水設備工事店

全般−下水道維持課排水設備係 048-258-4132(代)へどうぞ

◎ 雨水を有効利用しましょう。

 浄化槽から公共下水道へ切り替えを行う場合、浄化槽は不用となります。その不用となった浄化槽を、雨水を溜めるタンクに転用することで、溜めた雨水を庭や道路への散水、水槽や池の水などに利用できます。なかには、その水を洗車に利用する方もいらっしゃるようです。また、条件さえ整えば、補助金(雨水貯留槽等の設置に係る費用の2分の1、限度額3万円)を利用することもできます。

お問い合わせは 地球温暖化対策室  048-228-5320(代)へどうぞ

◎ 下水道には流せないものがあります。

 し尿以外の固形物は、下水道に流すことは基本的に禁じられております。また、油やラードなどは、下水道管の中で固形化し、下水道のつまり・臭いの原因となります。油類は、適切な処理をし、下水道に流すのは極力控えるようお願いいたします。また、飲食業等であらかじめ油やラードを大量利用することが明確な場合は、グリーストラップ(下水道に油を流さないように油を宅内でせき止める施設)を設置するなど、適切な処置をお願いいたします。

お問い合わせは、下水道維持課排水設備係  048-258-4132(代)へどうぞ

◎ 工場排水・除害施設・水質分析について

 水質の保全と下水道施設の保護のため、排水が一定の水質となるまで自家処理することが、義務付けられており、下水道維持課では対象事業所の除害施設設置・水質分析・立ち入り調査等を実施し、水質管理の指導・監督を行っております。

お問い合わせは、下水道維持課排水設備係  048-258-4132(代)へどうぞ

◎ 業者から下水の清掃・修理といった"セールス"勧誘"にご注意ください。

 「このまま放っておくと管がつまって使えなくなる」「管は定期的に清掃しないといけない」ということで、管の清掃をしてくださいといったセールスや勧誘があります。確かに、管がつまることはありますし、定期的に清掃をして間違いはありませんが、必要以上にする必要はありません。

冷静な判断をするためにも、セールスや勧誘されたその場で答えるのではなく、あらためて川口市指定排水設備工事店に見積もりや工事をお願いするのもよいかと思われます。最終的に工事や清掃をするのか、しないのか、どこの業者を利用するのかの判断は、ご自身でしていただくこととなります。

 悪質な業者のなかには、市の名前を使いセールス活動を行っている業者もあります。市として、そのようなセールス活動を奨励することはありません。御注意ください。市の職員及び市の仕事でお客様を訪問する際には、下水道法で定められた身分証明書を携帯しておりますので、確認をするようお願いします。

お問い合わせは、下水道維持課 048-258-4132(代)まで

お問い合わせ

下水道維持課 電話:048-258-4132

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る下水道部下水道維持課からのお知らせ

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]