[ここから本文です。]

(2017年11月27日更新)

子ども大学活動の記録

平成29年度子ども大学かわぐち 講義の様子

第1日目:平成29年 9月30日(土)

第2日目:平成29年10月 7日(土

第3日目:平成29年10月14日(土)

第4日目:平成29年10月22日(日)

第5日目:平成29年11月12日(日)

 

第1日目:平成29年 9月30日(土) 会場:埼玉県産業技術総合センター

時間 内容 講師

9時00分〜

9時30分

<入学式>

・学長あいさつ

・学生代表のことば

・記念撮影

 

9時30分〜

11時00分

<講義1>

頭と体を使って友だちと仲良くなるグループワーク

埼玉学園大学人間学部専任講師

高橋 誠 先生

11時10分〜

12時30分

<ホームルーム>

学園祭の内容について

 

 

第6回目となった子ども大学かわぐちがはじまりました!!

子ども大学生が続々と受付に集合。今年も子ども大学生を、埼玉学園大学生のお兄さん、お姉さん、

きゅぽらんがお出迎えしました。子ども大学かわぐちの入学式は、埼玉県産業技術総合センター

多目的ホールで行われました。

はじめに、子ども大学学長・茂呂修平川口市教育委員会教育長から「皆さんの人生には、正解は

ありません。子ども大学を通して、周りの人たちと協力する力、しっかり判断できる力を身につけ、

より良い答えを見つけていってください。」とのお言葉をいただきました。次に、学生代表2名による

学生代表のことば。子ども大学に対する期待や意気込みについて、6年生2名が立派なあいさつを

してくれました。最後に、みんな揃って集合写真を撮影しました。

入学式

あいさつ2   
あいさつ 集合

 

いよいよ初めての講義!講義1は、埼玉学園大学・高橋先生による「頭と体を使って友だちと

仲良くなるグループワーク」です。

講義には、埼玉学園大学の大学生の皆さんも一緒に参加してくれました。「知らない友達と出会う

と緊張したり、仲良くなるのが不安だったりしますね。」高橋先生の優しい語りで講義がスタートしま

した。初めは、緊張していた子ども大学生達も、「バースデーリング」、「人間知恵の輪」、「他己紹介」

などのゲームを進めていくと、すぐに打ち解け、会場はみんなの笑顔に包まれていきました。

最後に、「『仲良くなる』って、友だちと一緒の気持ちになれたりすることだね。これからも友だちや

自分自身を大切にしていってください。」とお話してくださいました。    

 高橋先生   

  

 

ホームルームでは、埼玉学園大学の学園祭に参加するため、お店の内容をグループで話し

合いました。10月22日(日)に埼玉学園大学学園祭に参加させてもらいます。どんなお店に

なるのかな?グループのみんなと協力して、学園祭を盛り上げよう!!

ページのトップへ戻る

 

第2日目:平成29年10月7日(土) 会場:埼玉学園大学

時間 内容 講師

9時00分〜

11時00分

<講義2>

大人気ゲームソフトでプログラミング♪

 

子どもプログラミング教室「TENTO EX.川口」

代表 笹原 直己  先生 

 

11時10分〜

12時30分

<ホームルーム>

学園祭に向けての準備

 

 

第2日目は、埼玉学園大学パソコンルームで講義です。

地元川口市でプログラミング教室を開かれている笹原様を講師としてお迎えしました。

自己紹介のあと、いよいよ人気ゲームソフト「Minecraft(マインクラフト)」のプログラミングソフト版の

操作方法について説明がありました。子ども大学生の多くが、家でもゲーム機で楽しんでいるようで、

みんな目がキラキラ輝いていました。

初めは、「壁を作る」という簡単なプログラムでしたが、「らせん階段づくり」や「ドア付きの壁づくり」など   

少しずつ高度になっていきました。分からないことがあると、周りの友だちや、スタッフに聞きながら、     

全員が自分の作品を自由につくることができ、大満足の講義となりました。   

    

    

ページのトップへ戻る

 

第3日目:平成29年10月14日(土) 会場:川口市立西公民館

時間 内容 講師

9時00分〜

    10時30分

<講義3>

「世界にはばたけ川口っ子!」

〜4次元デジタル宇宙シアター上映会〜

 

国立天文台広報普及員

根本 しおみ 先生

 

10時40分〜

12時30分

<ホームルーム>

学園祭に向けての準備

 

 

第3日目は、川口市立西公民館での講義です。講義3の講師は、国立天文台広報普及員の根本しおみ先生です。

前半に、4D2U(4次元デジタル宇宙シアター)を上映してくださいました。専用グラスを着用し、子ども大学生達も

わくわくです。宇宙空間がスクリーンに映し出されると、星々が画面から飛び出してきそうなほど、立体的に見るこ

とができました。映像に合わせて、根本先生が、宇宙の誕生や星の動きなど分かりやすく教えてくださり、会場は、

神秘的な雰囲気に包まれました。

後半は、「世界中の人達に宇宙への夢をもってほしい!」という強い思いを持ち、ペルーで普及活動された根本

さんの講演会です。すでにペルーで普及活動されていた石塚さんに感銘を受け、青年海外協力隊として、現地に

渡ったそうです。スクリーンもなく、壁に投影するところから始め、地元の人たちの協力を得ながら、夢をつなげて

いった根本さんの姿は、子ども大学生達の心に深く響いたようでした。

「自分の夢を大切にしながら、世界中の人を幸せにしてください。」という素敵なメッセージで今日の講義を締め

くくってくださいました。

   

   

 

次回は、いよいよ学園祭本番!ホームルームで最後の準備。みんなで協力していいものをつくり上げよう!

  

  

ページのトップへ戻る

 

第4日目:平成29年10月22日(日) 会場:埼玉学園大学

時間

内容

9時30分〜

  10時00分

<ホームルーム>

模擬店準備

10時00分〜

  12時00分

<学園祭>

「埼学祭にお店をだそう!」

12時00分〜

  12時30分

<ホームルーム>

学園祭の振り返り

 

学園祭当日です。あいにくの雨でしたが、みんな元気な顔をみせてくれました。

受付後、開店準備を終え、みんなで売り上げ目標や注意事項などを確認しました。

さあ、いよいよ開店です。「みんなで売り上げ目標を達成するぞ!」「おぉーーーー!!」

  

 

各グループが考えたゲームコーナーの内容を紹介します。

             Aグループ【まと当て】                                Bグループ【箱の中身は何でしょう?】

    

 

               Cグループ【NaZo魚】                            Dグループ【フィッシュハンター】

    

 

お客さんが、たくさん来てくださるように大学内で宣伝します。大学生や学園祭に遊びに来た人たちに、自作チラシを配ってまわりました。初めて会う人たちにも、笑顔で積極的に声をかけていました。

  

  

終了時間となり、売り上げ結果の発表です。みんなの頑張りで、見事売り上げ目標を達成することができました!

発表の瞬間、歓声があがり、喜びをみんなで分かち合いました。お店を運営することの大変さなど多くのことを学び

ましたが、何よりも友達と協力して取り組む素晴らしさを実感した1日でした。

ページのトップへ戻る

 

第5日目:平成29年11月12日(日) 会場:川口市役所鳩ヶ谷庁舎

時間 内容 講師

9時45分〜

    11時45分

<講義4>

「DEDEkit 考え方のワークショップ」

〜問題(パズル)を作る、問題(パズル)を出す

              [3×3×3立体パズル]〜

・東京藝術大学大学院映像研究科

 メディア映像専攻 助教

 木村 稔 先生

・メディアセブン センター長

 佐藤 大祐 先生

12時00分〜

    12時30分

<修了式>

・修了証授与

・学長あいさつ

・学生代表のことば

5日間にわたる子ども大学もいよいよ最終日となりました。

前回から少し間が空きましたが、今日も、子ども大学生の元気な顔を見ることができました。

講義4は、東京藝術大学から木村先生をお招きし、「DEDEkit(デデキット)」という教材を使って、「新しい頭の

使い方」をテーマに、ご講義をいただきました。メディアセブン佐藤センター長もお手伝いくださいました。

まずは、平面パズルを使い、問題を作ります。お互いに問題(パズル)を出し合い、解きあいますが、平面とは

いえ、なかなか難しく、みんな頭を捻りながら問題(パズル)に取り組みました。

  

 

後半には、いよいよ立体パズルに挑戦。どのように立方体を繋げれば難しい問題(パズル)になるのか考えます。

みんな真剣な表情です。1cm四方の立方体を実際に組み合わせながら、問題を作る人もいれば、頭の中でイメージ

して、瞑想しながら作る人もいました。

難しい問題(パズル)については、スクリーンに投影し、正解に向けて会場一丸となり取り組みました。

最後に木村先生から、「『新しい頭の使い方』が出来ると、これから想定される人生の課題に対し、前向きに主体的に

捉えることが出来ます。」というお話をいただきました。

      

    

 

次に、会場を移して、修了式に臨みました。

茂呂学長(川口市教育委員会教育長)から、立派な所作で修了証書を受け取ることができました。

茂呂学長の挨拶では、「これからみなさんには、身の回りの疑問を探求・分析・共感し、さらにそれを発信する力を

身に付けいって欲しいと思います。」と力強いメッセージをいただきました。

続いて、子ども大学生代表が、「今回の経験を活かして、これからも楽しく学びたいです。」と立派に挨拶をしてくれました。

    

 

最後に、恒例となった全体記念撮影。

これからも、楽しみながら、いろいろなことを学んでいってください。

 

問い合わせ

子ども大学かわぐち実行委員会事務局
課名 生涯学習課(しょうがいがくしゅうか)
住所

〒332-8601 川口市青木2-4-11(郵送先:川口市青木2-1-1)

川口市役所分庁舎1階奥

案内図

分庁舎案内図へのリンク

電話

生涯学習係:048-259-7655(直通)

電話受付時間:8時30分〜17時15分

(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

FAX 048-258-7604
e-mail

kodomo.daigaku@city.kawaguchi.lg.jp

こちらのアドレスにご質問等をいただく場合は、メール本文に住所(必須)、氏名(必須)、電話番号(必須)、生年月日(任意)、性別(任意)の記入をお願いします。

なお、必須事項が示されていない場合、お答えできないこともありますので、ご了承ください。

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]


[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]