トップに戻る学校教育部学務課川口市奨学資金貸付制度

[ここから本文です。]

(2016年2月10日更新)

川口市奨学資金貸付制度

※平成28年度生の募集は、平成28年1月15日をもって終了しました。

平成29年度生の受付は、平成28年秋頃から開始予定です。

 

 

 川口市奨学資金貸付制度について(平成28年度生)

 この制度は、川口市内に居住する世帯に属する方が、経済的な理由により修学が困難である場合に奨学資金を貸し付け、有用な人材を育成することを目的とするものです。

 また、奨学資金の貸し付けは、奨学生本人に対して貸し付けられるもので、返還も奨学生本人が行うものです。

 

 

◎申請要件

(1)平成25年1月31日以前から継続して、川口市内(旧鳩ケ谷市含む)に居住している世帯に属する方で、修学意欲が極めて旺盛であること。

(2)学校長の推薦があり、成績優秀・品行方正であること。

(3)高校・高等専門学校・大学・短期大学・専修学校(正規の修学期間が2年以上の高等課程又は専門課程に限る)に入学予定又は在学中で、学資の支出が困難であること。

(4)本人との同居・別居を問わず、生計が同一な方全員の市県民税課税標準額の合計が「200万円未満」であること。

 

◎申請期間

第1期【入学一時金・修学金】平成27年10月1日(木)から平成27年10月30日(金)まで

第2期【修学金】平成28年1月4日(月)から平成28年1月15日(金)まで

 

◎申請時の提出書類  

(1)奨学資金貸付申請書

(2)奨学生推薦調書(高校・専修学校高等課程などに入学予定又は在学の場合は中学校で、大学・専修学校専門課程などに入学予定又は在学の場合は高校で記入してもらいます。)

(3)本人との同居・別居を問わず、生計が同一な方全員の平成27年度市県民税課税証明書(非課税の方は市県民税非課税証明書)

 ※ただし、世帯主等に扶養されている方については必要ありません。

 ※生活保護受給世帯の方は生活保護受給証明を提出してください。

(4)戸籍謄本(全部事項証明書)

  申請者(本人)が入っているものが必要です。なお、戸籍謄本の申請者(本人)の欄に親権者として記載された方が亡くなっている場合や名前が違う場合は、その親権者の戸籍謄本又は除籍謄本を提出してください。

 

 

◎奨学生の決定

提出書類を審査のうえ、貸付の可否を通知いたします。

 

◎貸付金額

高校、高等専門学校、専修学校(高等課程)

 

入学一時金  公立180,000円以内

         私立300,000円以内

 


修学金      (月額)12,000円以内

 

大学、短期大学、専修学校(専門課程)

 

   入学一時金 公立360,000円以内

             私立500,000円以内

  

    修学金      (月額)24,000円以内

 

◎貸付期間

奨学資金は、これを受け始めた月からその学校の正規の修学期間を終了する月までの期間の範囲内で貸し付けられます。

また、貸付期間中に、退学したり世帯全員が市外に転出した場合には、貸し付けを中止し貸付額の全額を一括で返還していただきますので、特にご注意ください。

 

◎返還及び利息

返還は、貸付期間が終了してから1年を据え置き、10年以内の均等月賦(口座振替)となります。

利息は、原則として無利息です。

 

◎その他

上記制度の内容は、変更となる可能性があります。

 

 

・川口市奨学資金貸付制度のしおり(平成28年度生)PDF文書しおり(28年度)(125KB)

・川口市奨学資金貸付申請書PDF文書申請書(53KB)PDF文書申請書(記入例)(83KB)

・川口市奨学生推薦調書PDF文書推薦調書(28KB)

 

 

★お問合せ先  教育局学務課管理係 048−259−7659


 

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る学校教育部学務課川口市奨学資金貸付制度

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]