トップに戻る学校教育部学務課学校選択制本市の小学校選択制について

[ここから本文です。]

(2015年7月16日更新)

本市の小学校選択制について

小学校入学にあたり、教育委員会では希望により学校が選べる学校選択制を実施しています。

  小学校の選択制では、ブロック内の学校とブロックに接する学校を選ぶことができます。無理なく6年間通うことができるよう、通学距離なども考慮して希望する学校をご検討ください。通学については、安全確保のため、保護者の方々もご協力ください。

Q&A・注意事項等

Q1 小学校を選択できる対象者は?
Q2  選べる学校の範囲はあるのですか?
Q3  学校の情報を得たいのですが、どのような方法があるのですか?
Q4  希望申請はどのようにするのですか?
Q5  各小学校に定員はあるのですか?
Q6  抽選に外れてしまった場合はどうなるのですか?
Q7  兄や姉が通っている学校に入学させたいのですが?
Q8  近所に同じ学校に通う児童がいません。通学班についてはどうなるのですか?

Q9  基本学区外の学校に入学させると、保護者もPTA活動などが負担になる気がしますが?

その他

1 通学方法について
2 川口市の小学校に入学しなくなった場合

3 病弱、発育面等で心配がある場合

小学校学校選択についてのQ&A

Q1 小学校を選択できる対象者は?

A1 「新1年生と転入者が対象となります。在校生が新たな学校を選ぶことはできません。」

 

(1)新1年生

  川口市に住民票があり、在住している就学予定者です。

  市外に転出した場合には、川口市の小学校へは入学できません。

 

(2)転入者(学年に係わらず市内転居または市外からの転入があった場合)

  1.現在在籍中の学校、2.転居先の基本学区の学校、3.基本学区外でブロック内の学校とブロックに隣接する学校のうち定員に余裕のある学校の中から選択することができます。ただし、抽選実施校及び定員に達した学校を基本学区外から選ぶことはできません。

 

Q2  選べる学校の範囲はあるのですか?

A2 「ブロック内の学校とブロックに隣接する学校から選んでください。」

  あらかじめ、市内を分けしてあります。お住まいになっている基本学区の学校を確認した上で、ブロック内とそのブロックに隣接する学校の中から選んでください。

※基本学区内の新入生で定員になっている場合、基本学区外からの受入を行わないか、基本学区外からの受入が若干名となる学校があります。

※平成28年度入学にかかる選択可能校は、10月にお知らせします。

PDF文書小学校通学区域図(1795KB)

 

※兄姉が在籍している小学校を希望する場合及び舟戸幼稚園児が舟戸小学校を希望する場合は、基本学区と同様の扱いとします。ただし、希望申請書の提出が必要となります。

 

学区の検索

住所から基本学区の学校を検索する

学校から指定区域を探す

 

Q3  学校の情報を得たいのですが、どのような方法があるのですか?

A3 「学校公開日に直接学校をご覧ください。学校紹介冊子やホームページに全学校の紹介が載っていますので、ご利用ください。」

(1)学校公開日はこちらのページでご紹介しています。急遽、日程、時間等の変更もございますので、詳細は直接学校へお問い合わせください。

(2)学校紹介冊子「かわぐちのしょうがっこう」を10月に選択書類一式とともにお届けします(郵送)ので、参考にしてください。

(3)各学校のホームページは、川口市教育委員会ホームページの「市立小学校一覧(学校案内)」でご覧になれます。

 

Q4  希望申請はどのようにするのですか?

A4 「10月に、申請書類一式を郵送しますので、基本学区以外を希望する方は申請をしてください。」

 

(1)申請期間

  10月中旬から11月下旬を予定しています。詳細は対象者あてに10月初旬に郵送で通知します。

 

(2)提出先

  1.教育委員会学務課学事係の窓口へ持参または郵送、もしくは2.就学時健康診断の受付時に小学校にご持参ください。(注意…就学時健康診断時以外は、学校へ提出できません。上記の窓口へ持参又は郵送ください。)
*希望申請が提出されない場合には、基本学区内の小学校を選択したものとします。

 

(3)希望申請の公表について   

  希望申請の集計結果は12月上旬に、小学校、公民館、市役所、支所、川口駅前行政センターに掲示するほか、川口市のホームページにも掲載します。

 

(4)希望申請の変更について

  希望申請の変更期間等は設けませんが、特別な事情がある場合には、学務課窓口において相談に応じます。

 

Q5  各小学校に定員はあるのですか?

A5 「各学校とも、基本学区内のお子さんは全て受入れます。基本学区外からは各学校の状況に応じて、若干名から概ね1学級分の受入れ枠を設定しています。」

  希望が集中した場合には、抽選により入学者を決定させていただきます。

  抽選の対象者には、学務課から直接保護者に通知をします。学務課からの連絡がない場合には、抽選をせずに希望申請をした学校に入学できることになります。

注意…選択制により基本学区外の学校を選択した後は、基本学区であっても戻ることはできませんのでご注意ください。

 

Q6  抽選に外れてしまった場合はどうなるのですか?

A6 「基本学区の小学校に入学するか、再度選択をすることになります。」

  基本学区の小学校への就学を希望しない場合には、新たに別の学校を選ぶことができますので、「再選択受付期間」に学務課学事係窓口までお越しください。
  ただし、抽選を実施した学校や受入の余裕がない学校を選択することはできません。

 

Q7  兄や姉が通っている学校に入学させたいのですが?

A7 「兄・姉が現在1〜5年生に在学している場合には、基本学区外の学校であっても基本学区と同じように抽選をせずに入学することができます(兄弟優先)。その場合でも、希望申請書は必ずご提出ください。」

注意…基本学区外から選択し抽選となった場合、現在6年生、あるいはそれ以上の兄、姉が卒業生であっても、「兄弟優先」は適用になりませんのでご了承ください。また、川口市では中学校についても学校選択制を導入しておりますが、中学校については、「兄弟優先」の適用はありませんのでご了承ください。

  

Q8  近所に同じ学校に通う児童がいません。通学班についてはどうなるのですか?

A8 「ご自宅から一番近い学区内の通学班に所属することになります。詳細は、学校にお問い合わせください。学区外の通学部分については、安全確保のため、保護者の責任の下、通学させてください。なお、下校につきましては、各学年終了時間が異なるため、通学班がございません。下校の状況も十分に考慮してご選択ください。」

 

Q9  基本学区外の学校に入学させると、保護者もPTA活動などが負担になる気がしますが?

A9 「選択した、しないに関わらず、保護者の方には、学校教育活動にご協力いただきますようお願いいたします。」

 

その他

1  通学方法

  通学方法は、徒歩またはバスなどの公共の交通機関を利用することとします。徒歩または公共の交通機関を利用して保護者が送迎することは差し支えありませんが、自転車通学はできません。通学の安全性も十分考慮してご選択ください。

2  川口市の小学校に入学しなくなった場合

  国・私立小学校への入学が決まった場合には手続きが必要です。入学承諾書等(国・私立小学校が発行した書類)を学務課学事係に早急に提出してください。

  市外に転出した場合は、川口市の小学校に入学することはできません。転出届提出後に就学時健診の結果を各学校で受け取り、転出先の教育委員会のご案内により手続きしてください。

3 病弱、発育面等で心配がある場合

 就学相談につきましては、できるだけ早い時期に、教育委員会(教育相談室)へお申し出ください。
 (就学相談に関するお問い合わせ 教育相談室:電話 267−8208)

 

 問合せ先

川口市役所 学務課学事係(分庁舎3階

住所 〒332-8601 川口市青木2−1−1

電話 048-258-1110(代表)  内線2486・2487

直通 048-258-1256

FAX 048-253-6260

E-mail 210.01000@city.kawaguchi.lg.jp

こちらのアドレスにご質問等をいただく場合は、メール本文に住所(必須)、氏名(必須)、電話番号(必須)、生年月日(任意)、性別(任意)の記入をお願いします。

なお、必須事項が示されていない場合、お答えできないこともありますので、ご了承ください。

[ここまでが本文です。]
[本文の先頭に戻る。]

トップに戻る学校教育部学務課学校選択制本市の小学校選択制について

[ここから問い合わせ先です。]

担当


[本文の先頭に戻る。]
[ページの先頭に戻る。]