川口市立文化財センターホームページ
インフォメーション
ホームページ移転のお知らせ (2014年4月24日新着)
平成26年5月1日より「文化財センターホームページ」のURLが以下のアドレスに変更になります。
お手数をおかけしますが、ブックマークなどされている場合は、5月1日以降設定の変更をお願いします。

新しいホームページアドレス 
http://www.kawaguchi-bunkazai.jp/center/index.html




江戸袋の獅子舞安行原の蛇造り

江戸袋の獅子舞は俗に「江戸袋のバッタバッタ獅子舞」と呼ばれ、春と秋に悪疫祓い、五穀豊穣、氏子繁栄を祈念して舞われます。 4月13日(日)は春祈祷と称し、江戸袋氷川神社を出発して、各氏子の家々を祓いながらまわります。
是非ご参観ください。

 

日時 4月13日(日) 9時ごろから 江戸袋氷川神社
場所 江戸袋(江戸袋氷川神社を出発・右図参照)
アクセス JR川口駅東口からバス 川22-2系統 『安行出羽行』 江戸袋下車徒歩1分


「赤山陣屋と伊奈氏 -関東平野の礎を築いた伊奈一族の足跡-」展 (2014年2月13日更新)
川口の木遣

本市の代表的な歴史遺産である「赤山陣屋」を広く知っていただくため、「赤山陣屋と伊奈氏」展を開催いたします。

伊奈氏は「赤山陣屋」を拠点として、大規模な新田開発や河川改修事業を行うなど多岐にわたり活躍し、市域の発展に大きく貢献いたしました。

本展示会においては、750分1スケールの赤山陣屋模型や市指定文化財「赤山陣屋敷絵図面」、赤山陣屋跡遺跡等から出土した遺物を展示するほか、伊奈氏の事績などを紹介いたします。

日時 2月4日(火)~3月30日(日)
午前9時30分~午後4時30分(入場は午後4時まで)
休館日 月曜日、 2月12日(水)
会場 文化財センター分館郷土資料館(鳩ヶ谷本町2-1-22)
入場料 会期中入場無料

 

また本展示開催にともない、以下の関連イベントを開催します。どうぞご参加下さい。


「文化財めぐり 伊奈氏の足跡をたどる」

貸し切りバスで、伊奈氏ゆかりの史跡をめぐり、「赤山陣屋と伊奈氏」展を解説つきで見学します。

日時 2月23日(日)雨天決行
8時45分 川口駅西口リリア集合、15時30分解散予定 
対象 定員 中学生以上、定員26名
申込方法 往復はがきで申し込み。2月14日(金)まで(当日消印有効)
※往復はがきの往信に①住所②氏名③性別④年齢⑤電話番号、返信に⑥宛先をご記入ください。 ※1枚につき1名の申し込みとします。 ※申込者多数の場合は抽選
申込先: 〒332-0012 本町1-17-1  文化財課  
電話:048-222-1061
費用 資料代・保険代 100円(昼食と飲み物はご持参ください。)



郷土資料館文化財講座「代官制度からみた赤山陣屋と伊奈氏」
※本講座は定員となりました。たくさんの申し込みありがとうございました。

日時 3月8日(土)
午後1時~2時30分
場所 鳩ヶ谷商工会・4階会議室(郷土資料館と同じ建物)
対象 定員 70名(先着順) 締め切りました
参加費 無料
講師 高崎経済大学准教授 西沢 淳男 氏
申込方法 2月7日(金)午前9時より申込開始 川口市立文化財センター分館 郷土資料館に電話及び窓口にて直接申し込み 
電話:048-283-3552
年末年始の業務のご案内 (2013.12.18新着)

■休館日:12月29日(日)~1月3日(金)

本年は12月28日(土)まで開館しております。
新年は1月4日(土)からの開館となります。
どうぞよろしくお願いいたします。


平成25年度川口市文化財調査報告会 (2013.11.7新着)
昭和期の本町(旧仲町)付近

 

日時 11月24日(日)
13時30分~16時30分
鳩ヶ谷公民館鳩ヶ谷公民館
場所 鳩ヶ谷公民館2階ホール
※駐車場に限りがあります。公共交通機関をご利用ください。
内容 ・講演「近代以降の鳩ヶ谷の町並み」
川口市文化財保護審議会委員
黒津高行氏
・発掘調査の報告
・新指定文化財の報告
定員 100人(先着順)
申込方法 11月20日(水)まで電話または文化財センター窓口で受付
TEL:048-222-1061
費用 無料

 

市指定無形民俗文化財「川口の木遣」が公開されます (2013.10.8新着)
川口の木遣
川口の木遣

木遣(きやり)とは「木を遣る」という意味で、大木や石を大勢の人で運搬することをいい、その作業歌を木遣歌といいます。

江戸時代になると、町火消(まちびけし)を担った鳶職人たちよって伝承されていくようになり、梯子乗りや纏ふりとともに行われるようになりました。

「川口の木遣」は、川口鳶消防組木遣保存会によって大切に守り伝えられています。ぜひ足を運んでご鑑賞ください。

 

日時 11月24日(日)
開会9時 出演9時50分(予定)

リリア神根運動場
場所 神根運動場
  雨天中止
※川口市消防団が主催する川口市消防団特別点検において披露されます。お問い合わせは川口市消防局消防総務課(TEL: 261-8102)までお願いします。 ※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮下さい

 

新指定文化財紹介 (2013.9.13新着)

平成25年8月28日(金)の教育委員会において、次の旧日光御成道の道標2件が、新たに市有形文化財の指定を受けました。

道標(地蔵菩薩)

1.道標(地蔵菩薩)

 これは、旧日光御成道に面した真乗院の境内に所在するもので、地域の地蔵信仰にかかわる「武州足立郡赤山領石神町」の「高尾四良兵衛ほか施主五人」によって、元文二年(1737)に造立された、道標を兼ねた地蔵菩薩塔です。

 これに刻まれた道標としての銘文には、正面に日光御成道を南に行き江戸本郷への道筋を示す「南 江戸ほんがう道」、左側面に日光御成道を北に行き岩槻宿・岩槻城への道筋を示す「北 いわつき道」、右側面には、日光御成道から東方へ進み、赤山街道千住道・日光道中を通って、江戸浅草御門に通じることを示す「東 江戸あさ草道」が、それぞれ刻まれています。

 本塔は、江戸時代、川口地域において重要な幹線道路であった日光御成道の数少ない道標の一つであり、地域の歴史を知るうえで極めて重要な文化財です。

種 別 有形文化財 歴史資料
員 数 一基
所在地 川口市大字石神1253番地 真乗院境内
所有者 宗教法人真乗院  代表役員 石黒博英
年 代 元文二年(1737)
形 型 舟型
材 質 安山岩
造立者 高尾四良兵衛ほか施主五人
法 量 総高89.1㎝、最大幅46.5㎝、奥行330㎝
銘 文
(正 面) 南 江戸ほんがう道 本願高尾四良兵衛同施主五人 
奉造立地蔵菩薩幷道中安内塔 二世安楽所 
武州足立郡赤山領石神町
(右側面) 東 江戸あさ草道
(左側面) 北 いわつき道 
元文二丁巳年六月吉日


道標(庚申塔)

2.道標(庚申塔)

 この庚申塔は、文政三年(1820)十一月に、武州足立郡赤山領東新井宿村の飯塚武右衛門を世話人とする庚申講中20名が共同して造立したもので、江戸時代後期に多く見られる典型的な文字庚申塔で、道標としての機能を併せもつ点が注目されます。

 これに刻まれた道標としての銘文には、右側面に日光御成道を南に向かい鳩ヶ谷宿への道筋である「南 はとがや」、左側面には、日光御成道を北に向かい大門宿への道筋である「北 大門道」と、日光御成道を北に向い真乗院の手前で右折し、千住道から日光道中千住宿に通じる道筋を示す「東 千住道」が刻まれています。

 本塔は、庚申信仰によって造立されたものでありますが、江戸時代の地域の主要幹線であった日光御成道と千住道に関わる数少ない道標として貴重な文化財です。


種 別 有形文化財 歴史資料
員 数 一基
所在地 川口市大字新井宿157番地 多宝院境内
所有者 宗教法人多宝院  代表役員 後藤宏生
年 代 文政三年(1820)
形 型 山状角柱型
材 質 安山岩
造立者 武州足立郡赤山領東新井宿村
法 量 総高107.3㎝、最大幅56.5㎝、奥行55.0㎝
銘 文
(正 面) (日・月)庚申塔
(右側面) 文政三庚辰年十一月吉日 南 はとがや
(左側面) 北 大門道 東 千住道
武州足立郡赤山領東新井宿村
(台座左面) 臼倉文次郎 飯嶋三次郎 同権次郎 同伊三郎 同市次郎 長瀬勝五郎 同紋右エ門 同茂右エ門 同吉五郎 同安五郎 同三之助
(台座右面) 矢作浅次郎 小口平五良 臼倉周蔵 同恒三良 冨永文蔵 同清次良 同勘次良 飯塚次郎吉 世話人 飯塚武右エ門


10月12日・13日 市指定無形民俗文化財「江戸袋の獅子舞」が行われます (2013.9.13新着)
江戸袋の獅子舞江戸袋の獅子舞

 江戸袋の獅子舞は、俗に「江戸袋のバッタバッタ獅子舞」と呼ばれ、毎年2回春と秋に、悪疫祓い、五穀豊穣、氏子繁栄を祈念して舞われます。

春には村回りが行われ、秋には10月第2土・日曜日にオヒマチと称し、五穀豊穣、氏子繁盛を祈念して神社で七つの舞が奉納されます。

みなさん是非この機会に郷土の伝統行事をご覧下さい。

 

日時 10月12日(土) 午後6時頃から
10月13日(日) 午後1時頃から
江戸袋氷川神社
場所 江戸袋氷川神社
アクセス JR川口駅東口からバス 峯八幡宮行き・川口市医療センター行き 草加駅西口行き・安行出羽行き 江戸袋下車 徒歩1分
  雨天決行
※ 駐車場はございません。お車でのお越しはご遠慮下さい。

 

市指定無形民俗文化財「領家の囃子と神楽」が公開されます (2013年8月13日新着)
領家の囃子と神楽安行藤八の獅子舞

 江戸時代後期から領家の旧前耕地地区に伝わる民俗芸能。領家総鎮守稲荷神社の祭礼に、江戸葛西囃子の流れをくむお囃子に合わせ、江戸里神楽系のお神楽が奉納されます。

今年は3年に1度の大祭です。みなさんぜひこの機会に郷土の伝統行事をご覧下さい。

日時 平成25年9月14日(土) 
午後6時頃から
領家稲荷神社
場所 領家稲荷神社(領家2-4-15)

アクセス ●JR川口駅東口またはSR川口元郷駅からバス 東領家循環行き
東領家一丁目下車 徒歩10分
●JR川口駅東口からバス 鹿浜・領家循環行き 領家二丁目下車 徒歩10分

  ※雨天決行
※駐車場はございません。お車でのお越しはご遠慮下さい。


「十一屋北西商店店舗・蔵」が国登録有形文化財建造物に登録されます(2013年7月23日新着)
十一屋北西商店舗・蔵

 7月19日(金)に、国の文化審議会から文部科学大臣あて答申がなされ、「十一屋北西商店」(じゅういちや きたにししょうてん)の店舗と蔵が、国登録有形文化財建造物に登録されます。
川口市では、「川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)」、「旧田中家住宅」続き、3例目で、民間の方の所有する建造物では初めての登録となります。
この建造物は、日光御成道鳩ヶ谷宿の中央付近に位置しており、昭和初期の建築ですが、江戸時代の町屋を模したような重厚な店構え、店舗と蔵が2棟並んだ外観や細部の造形が、宿場の面影を現在に伝える貴重な建造物です。

所在地:川口市鳩ヶ谷本町1丁目
国際興業バス 鳩ヶ谷本町1丁目バス停下車すぐ

※ご見学の際は、個人の方の所有する建物であり、商店として営業しておりますので、所有者また、近隣のお宅にご迷惑がかからないようにしてください。
十二屋北西商店地図

歴史と文化を楽しむ体験教室 (2013年7月5日新着)
歴史を楽しむ体験教室

1 夏休み子ども調査隊-自由研究サポート・相談
もう社会科の自由研究は終わりましたか? お気軽にご相談ください。

日時 7月23日(火)~7月28日(日) 10:00~15:00 会場 郷土資料館
7月29日(月)~8月2日(金) 10:00~15:00 会場 文化財センター
対象 小・中学生(保護者同伴可)
参加費 無料
申込方法 参加する会場まで「電話」・「窓口」にて事前にお申込み下さい
※お申込みの際、相談内容をお知らせ下さい

 

歴史を楽しむ体験教室

2 子ども体験教室「勾玉をつくろう!」
縄文人のアクセサリー、勾玉づくりに挑戦しよう!

日時 8月3日(土) 午前の部(9:30~11:30) 午後の部(13:30~15:30)
会場 文化財センター
対象 小学校3年生以上の小・中学生とその保護者
定員 40人(各部20人)
参加費 1人400円(材料・保険代)
申込方法 7月8日(月)より 文化財センター「窓口」にて料金を添えて直接申込み
※定員になり次第受付終了

 

歴史を楽しむ体験教室

3 文化財子ども見学ツアー 「旧田中家住宅を探検しよう」
ちょっと気になるレンガ造りの西洋館。昔の建物探検で大正時代を 体験しよう!

日時 8月10日(土) 10:00~11:30 現地集合
会場 旧田中家住宅
対象 小学校3年生以上の小・中学生とその保護者
※小学生は必ず保護者の同伴をお願いします
定員 30人
参加費 1人100円(資料・保険代) ※入場料は無料
申込方法 7月8日(月)より 文化財センター「窓口」にて料金を添えて直接申込み
※定員になり次第受付終了

 


文化財センター
郷土資料館
旧田中家住宅
川口市立文化財センター
開館時間: 9時~17時
休館日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その直後の平日)
〒332-0012川口市本町1丁目17番1
TEL: 048-222-1061

郷土資料館
開館時間: 9時~17時
休館日 : 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その直後の平日)
〒334-0002川口市鳩ヶ谷本町2丁目1番22号
TEL: 048-283-3552

旧田中家住宅
開館時間: 9時30分~16時30分
休館日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その直後の平日)
〒332-0006川口市末広1丁目7番2号

6月23日(日) 市指定無形民俗文化財「安行藤八の獅子舞」が公開されます(2013年6月11日新着)
安行藤八の獅子舞安行藤八の獅子舞

安行藤八の獅子舞は、江戸時代初期より伝わる民俗行事です。「夏祈祷」ともいわれ、二人立ち一頭舞いの獅子が、夏の悪病等を祓うため、氏子の家々を巡り舞いを披露します。
当日は午前9時半頃に町会会館を出発し、町内をひとめぐりして午後5時頃に戻って「舞い込み」を行います。みなさんぜひこの機会に郷土の伝統行事をご覧下さい。

日時 6月23日(日) 
午前9時半頃安行藤八町会会館を出発
安行藤八町会会館
アクセス ・SR戸塚安行駅から徒歩10分
・川口駅東口から
東武バス[川10]新栄団地行き約40分
「天神前」下車すぐ
  ※雨天決行
※駐車場はございません。お車でのお越しはご遠慮下さい。

 

5月24日(金) 市指定無形民俗文化財「安行原の蛇造り」が行われます(2013年2月22日新着)
安行原の蛇造り安行原の蛇造り

安行原の蛇造りは、江戸時代中期ごろから伝えられている民俗行事です。戦国時代の武将原弾正が討ち死にしたといわれている場所で、五穀豊穣・天下泰平・無病息災などを祈願して、藁で長さ10メートルぐらいの蛇をつくります。顎・耳・鼻・ヒゲ・胴などを編み合体して、欅の大木(現在は櫓)に設置し、最後に百万遍を行います。
みなさんふるってご参観ください。

 

日時 5月24日(金) 9時ごろから 江戸袋氷川神社
場所 安行原 ジガケ
アクセス JR川口駅東口からバス 川22-2系統 『安行出羽行』 
SR新井宿駅から みんななかまバス
原坂上下車
  ※雨天決行