塗師祥一郎寄贈作品展

洋画家・塗師祥一郎氏(日本芸術院会員)の作品展を開催いたします。

真っ白な雪の風景画で知られる、日本を代表する洋画家・塗師祥一郎。

画伯は、生涯にわたり、自然への深い洞察と愛情、そこに暮らす人々への温かい眼差しが感じられる数多くの作品を残されました。

今回の展覧会は、ご子息より寄贈された大作を中心に、川口の風景を描いた作品もあわせて展示し、画伯の修業時代から晩年までの画業の集大成をご覧いただける、貴重な特別展覧会です。

この機会に、厳しい北国の雪景色とふるさと川口の風景を堪能し、あなたの心の風景を探してみてはいかがでしょうか。

その他、公募による「川口の風景」絵画作品と、「紫の会」による俳句の展示コーナーもあります。

 

日時

平成31年1月5日(土曜日)~1月12日(土曜日)

10時00分~20時00分(最終日は19時00分まで)

会場

川口総合文化センター・リリア 展示ホール

入場料

無料

記念講演

1月6日(日曜日)13時00分~(会場内で開催)

講師:埼玉県立近代美術館館長・多摩美術大学学長 建畠 晢 氏

チラシ

塗師祥一郎寄贈作品展チラシ1
塗師祥一郎寄贈作品展チラシ2
お問い合わせ

川口市教育委員会文化推進室
所在地:川口市青木3-3-1(青木会館5階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-258-1116(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-251-9545

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年11月29日