肥満

BMIはBody Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略称で、「ボディ・マス指数」「体格指数」などと呼ばれることもあります。太っているか、やせているかといった肥満度を表す指標として用いられます。太りすぎややせすぎは病気にかかるリスクが高まるため、日頃から自分のBMIを把握するのは、健康を維持するために重要なことです。

計算式は以下のとおりで、身長はcmではなくmで計算します。

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

例 体重55kg、身長165cmのかたの場合

55(kg)÷1.65(m)÷1.65(m)=20.20

BMI 肥満判定
18.5未満 低体重(やせ)
18.5~25未満 ふつう
25以上 肥満 肥満

日本肥満学会より引用

日本ではBMIが22のときの体重を標準体重または適正体重とし、病気にもっともかかりにくい状態とされています。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22

25以上は、肥満であると判定されます。肥満はさまざまな生活習慣病を引き起こします。脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病にかかるリスクが2倍以上になります。BMIが30を超えて高度な肥満になると、リスクはさらに高くなり、積極的な減量治療が必要となります。

25以上のかたは適正体重を目指しましょう。肥満を解消するだけでもリスクを減らすことができます。内臓脂肪は、皮下脂肪と比べて、つきやすいが、減りやすいとされています。運動と食事といった生活習慣を意識して脂肪を燃焼しましょう。

そのためには、摂取エネルギーを適正なエネルギー量にすることです。適正な1日の摂取エネルギー量は、年齢、性別、身長、体重、身体活動量などによって違いますが、厚生労働省より目安が出されています。参考にしてください。

すでに病気を診断されていたり、医師より指示が出ている場合は、医師の指示が優先です。

推定エネルギー必要量(kcal/日)

推定エネルギー

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」より引用

食事についてはこちら↓

お問い合わせ

川口市保健所地域保健センター成人保健係
所在地:〒332-0026 川口市南町1-9-20
電話:048-256-2022(ファックス:048-256-2023)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年12月11日