取り組み紹介等

朝ごはんをしっかり食べる元気な市民を増やします

取り組み例
朝食のイラスト 朝ごはんを食べよう! 簡単な朝食のレシピ
食事をする1、2歳児の女の子のイラスト 1〜2歳児のレシピ集 1〜2歳からのお子さんが食べやすい味付けのレシピ

川口の食文化

だご汁の写真

だご汁(だごじる)

 

 

植木の里で知られる「安行地区」の郷土料理です。 その昔、十五夜に神様へ豊作の感謝を込めて、新米の米の粉で団子を作り、すすきと共に秋に収穫したものをお月様にお供えしました。 残った団子を夕食の味噌汁に入れて食べる際に、神様と同じ形の団子では申し訳ないと、丸い団子を指で押し、つぶした団子を食べたのが、だご汁のはじまりと言われています。
安行の団子汁レシピ(PDF:190.7KB)

アレンジした学校給食の月見だんご汁レシピ(PDF:197.9KB)

キューポラ定食の写真

キューポラ定食

第3回「埼玉B級グルメご当地グルメ王決定戦」で優勝した「キューポラ定食」。 「雷すいとん」は「だご汁」をアレンジしたものです。鶏ひき肉と七味、もう一方には小松菜を練りこみ、赤と緑の団子を作っています。栄養バランスが良いことと、手に入りやすい食材を使用することにこだわっています。 (川口市食生活改善推進員協議会が考案)

工事中(画像なし)

鋳物汁・衛生煮

昭和9年、共同組合方式による川口市鋳物工場栄養食共同配給所が設立され、日本で初めて共同給食が始まりました。専門の栄養士が献立をたてた栄養食を食べることにより、必要な栄養量を摂ることができるようになりました。栄養食ならではのおかずとして「鋳物汁」や「衛生煮」などがありました。

川口市特産の野菜

ぼうふうの写真

ぼうふう(埼玉県へリンク)

「ぼうふう」は刺身のつまとして用いられる高級食材で、 川口市産は京浜市場で90%以上を占めています。

木の芽の写真

木の芽(埼玉県へリンク)

「木の芽」はサンショウの若葉のことです。 料理にあしらい、香りと彩りを楽しみます。

埼玉県内でとれる農作物はたくさんあります。小松菜の生産量は全国1位、ほうれん草の生産量は全国2位(平成27年)になるなど、首都圏の台所を支えています。

情報コーナー

リンク集

お問い合わせ

保健総務課企画係
所在地:〒332-0031 川口市青木3-3-1(青木会館5階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-258-1642(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-6019

メールでのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年03月05日