令和3年度 高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

平成26年10月1日から、高齢者の肺炎球菌感染症予防接種が定期予防接種になりました。

令和3年4月1日から令和4年3月31日までは、65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になるかたが対象になります。

対象時期を過ぎると定期接種として受けることはできません。

※これまで、『平成31年度以降の対象者は65歳のみ』とご案内しておりましたが、平成31年1月、厚生労働省において、定期接種の対象者の拡大を継続することが決定したため、70歳以上で、これまで一度も高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがないかたに、改めて接種機会が設けられました。

対象者

接種日時点で川口市民で、市の補助の有無を問わず、今までに高齢者肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)を受けたことがない下記の1.又は2.に該当するかた

  1. 令和3年度内に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となるかた
    • 65歳(昭和31年4月2日〜昭和32年4月1日生まれ)
    • 70歳(昭和26年4月2日〜昭和27年4月1日生まれ)
    • 75歳(昭和21年4月2日〜昭和22年4月1日生まれ)
    • 80歳(昭和16年4月2日〜昭和17年4月1日生まれ)
    • 85歳(昭和11年4月2日〜昭和12年4月1日生まれ)
    • 90歳(昭和 6年4月2日〜昭和  7年4月1日生まれ)
    • 95歳(大正15年4月2日〜昭和2年4月1日生まれ)
    • 100歳(大正10年4月2日〜大正11年4月1日生まれ)
  2. 60歳以上65歳未満のかたで、心臓、じん臓、呼吸器、またはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に身体障害者1級程度の障害を有するかた(身体障害者手帳の写し、または医師の診断書が必要となります。対象となるかどうかわからない場合は、地域保健センターにお問合せください。)

実施期間

令和3年4月1日〜令和4年3月31日
(注意)実施期間を過ぎると定期接種として受けることはできません。

実施場所

指定の医療機関(医療機関へ要予約)

川口市の指定医療機関以外に、「予防接種相互乗り入れ制度」に参加している埼玉県内の一部の医療機関でも、市の補助による予防接種が可能です。川口市の予診票を医療機関にお持ちいただく必要があるため、地域保健センターに事前に(接種日の10日前まで)必ずご連絡ください。

該当する医療機関は、下記の埼玉県医師会ホームページにてご確認ください。

自己負担金

5,000円
(注意)生活保護世帯のかたは医療機関にて生活保護受給者証を提出することで、自己負担金免除になります。生活保護を受けているかたでも、上記の対象者に当てはまらない場合、任意接種(全額自己負担)になりますのでご注意ください。(接種料金は医療機関によって異なります)

持ち物

共通:健康保険証、マイナンバーカードなど年齢を確認できるもの

年度内に65歳になる対象のかた:予診票

年度内に70歳以上になる対象のかた:ハガキ(桃色)

該当するかたは、生活保護受給証や身体障害者手帳

※誤接種防止のため、予診票は、新たに接種対象となる令和3年度中に65歳になるかたにのみ送付しています。ハガキは、70歳以上の対象のかたに送付しています。

接種方法

23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンを1回接種
予防接種による予防効果は、健康な成人で5年以上持続するとされています。

ダウンロード

各支所等においてある桃色のチラシ「令和3年度高齢者の肺炎球菌感染症予防接種」のPDF版です。予防接種を受ける前に必ずお読みください。

お問い合わせ

川口市保健所地域保健センター
所在地:〒332-0026川口市南町1-9-20
電話:048-256-2022(ファックス:048-256-2023)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年04月01日