学籍管理システム製品選定プロポーザルにおける企画提案募集について

1概要

(1)プロポーザル名

学籍管理システム製品選定プロポーザル

(2)目的

令和4年度当初に学籍管理システム賃貸借契約(電子計算機等を含めた賃貸借)の入札を実施するにあたり、学籍管理業務の履行に最も適したシステムを厳正かつ公正に選定し、指定品として同賃貸借契約入札仕様書のシステム項目欄に記載するため、プロポーザル方式による製品選定を行う。

(3)契約内容

「学籍管理システム製品選定に係るプロポーザル実施要領」「学籍管理システム調達仕様書」のとおり

(4)履行期間

1.構築期間

契約締結の日から令和4年7月31日まで(予定)

2.賃貸借期間

令和4年8月1日から令和9年7月31日まで(予定)

※リース会社、導入事業者(受託候補者)、当市の三者による賃貸借契約とし、リース会社については受託候補者決定後に競争入札にて選定する。

2選定方式

学籍管理システム製品の選定にあたっては、安全性および利便性はもちろんのこと、旧データの移行や、看護専門学校のカリキュラムに適応できる技術力、知見、ノウハウ等の適正が事業者にあるか評価する必要がある。また、一時的な環境構築のみならず、その後の安定的な運用の確保が不可欠であり、仮にこれが損なわれた場合の影響は著しく大きいことから、構築後のサポート体制についても評価を行う必要があるため、公募型プロポーザルにより製品および受託候補者を選定するものとする。

3参加資格

本企画提案に参加できる者は、以下の条件を全て満たす者とする。

(1)令和3・4年度川口市物品入札参加資格者名簿に登載されていること。

(2)地方自治法施行令第167条の4第1項の規定に該当しないこと。

1.当該入札に係る契約を締結する能力を有しない者

2.破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

3.暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第32条第1項各号に掲げる者

(3)川口市有資格業者に対する指名停止等の措置基準の規定による指名停止措置の期間中でないこと。

(4)川口市の締結する契約からの暴力団排除措置に関する要綱の規定による指名除外措置の期間中でないこと。

(5)会社更生法(平成14年法律第154号)の規定に基づく会社更生手続開始の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)の規定に基づく再生手続開始の申立てがなされていないこと。

(6)会社法(平成17年法律第86号)の規定に基づく精算の開始又は破産法(平成16年法律第75号)の規定に基づく破産手続開始の申立てがなされていないこと。

(7)同一の案件に参加しようとする者のうちに、その者の代表者(見積り及び契約の締結権限を有する受任者を含む。)と同一人が代表者となっている者が含まれていない者であること。

(8)提出された書類の記載事項に虚偽がないこと。

なお、複数の事業者が共同で提案する場合には、構成する事業者のいずれもが上記の参加資格を満たしていることとする。

4公募型プロポーザルの実施方法等

「学籍管理システム製品選定に係るプロポーザル実施要領」のとおり

5担当

川口市保健部看護専門学校事務室

〒333-0826

埼玉県川口市大字新井宿802番地の3

電話048-287-2511(直通)

※電話受付時間は、8時30分から17時15分まで

ファックス048-287-2514

メールアドレス180.01000@city.kawaguchi.saitama.jp

6関係資料

お問い合わせ

看護専門学校
所在地:〒333-0826 川口市大字新井宿802-3
電話:048-287-2511(事務室)
048-287-2512(看護学科)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-287-2514

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年01月05日