市民のみなさまからいただいたご意見について(広報課)

広報課に対するご意見及び回答の要旨

川口市市民参加条例第19条に規定されています「意見提出」として、いただいた意見の要旨と、それに対する回答の要旨は以下のとおりです。

平成25年度分
担当課 No. 意見の要旨 回答の要旨
広報課 1 広報紙の見出しが「傍聴いただける委員会のおしらせ」から「傍聴できる審議会・委員会のおしらせ」に表記が戻っている。 ご指摘事項は、校正の誤りでしたので、こうした単純な誤りを繰り返さないよう改めて徹底しました。
なお、表現を精査し、「審査会・委員会などの傍聴のご案内」と改めました。
2 きゅぽらんのグッズ販売を見かけたが、違反商品なのか判断できなかった。
無許可商品か分かるようにしてほしい。
「きゅぽらん」のグッズ販売について、市では、この承認番号をわかりやすく表記するよう許可条件に付しております。この番号の表示がない社については、無許可とご理解ください。
3 広報かわぐちでスポーツチームの部員募集の告知を掲載したい。 広報紙の募集掲載について、連盟のように競技全体のサポートを行う統括団体が競技全体として募集をするような場合に、掲載しています。
4 あいうえおのまち川口の、あ「荒川芝川:川のまち〜川口を育んだ川の恵」について、綾瀬川が載っていなかったので、加えて欲しい。 本市には、大小あわせ440もの河川があります。
暮らしと川のかかわり等、機会をとらえてご紹介して参りたいと存じます。
平成24年度分
担当課 No. 意見の要旨 回答の要旨
広報課 1  広報かわぐちで料理教室の参加募集を掲載したい。申し込み締切日、文字数、費用等教えて欲しい。  記事は、公共性の高い情報を優先しています。
 記事掲載(無料)の締め切りは掲載希望月の2カ月前の月末で、文字数は150文字程度です。
 広報紙の掲載は、記事掲載(無料)と有料広告の2種類があります。
 有料広告の掲載は2月・8月に受付しております。詳細は広報かわぐちに掲載する有料広告の募集についてにてご確認ください。
2  川口市のシンボルマークを使用したいのがどのような手続きが必要か。申請なしで使用してもいいのか。  市のシンボルマークは、市民のみなさまにご利用いただけるようシンボルマーク・キャッチフレーズからダウンロードできます。
 公序良俗や商業行為に触れるようなシンボルマークの使用は、マークの性格上、不適切な場合があります。社会通念に関するご心配などがありましたら再度お尋ねください。
3  この度町会行事のお知らせに川口市の「きゅぽらん」を使用しようと思うが、申請書類を提出するのか。  営利目的ではありませんので、申請書の提出は必要ありません。是非ご利用ください。
 また、データ容量の大きなものが必要な場合は広報課あてご一報ください。申請書の提出が必要となりますが、提供させて頂きます。
4  巨匠による作詩、作曲の市民歌を夕方の五時頃に毎日、放送網で流して欲しい。  川口市民歌を多くの方に知っていただくことは、大変重要な事と認識しています。その為の手段として、防災行政無線も選択肢であろうと存じます。
 しかし一方で、市民の生活時間の多様化や、マンションが増え、放送が建物に反響し、聞き取れなくなるケースが散見されることから、音でご迷惑をかけることのないよう、防災行政無線の放送を緊急性の高いものに極力限定して実施することとしています。
 そこで、市では川口市民歌を川口市民歌にて公開しています。
5  公民館にて活動しているサークル(男女共同参画フォーラムに出演予定)のメンバー募集を考えているが、掲載媒体は「広報かわぐち」以外の媒体はあるか。
  1. 折り込みミニコミ誌への掲載の相談。
  2. 活動実施している公民館の館報への掲載の相談。
  3. 男女共同参画情報紙「ワン・ステップ」への掲載の相談。
 今回男女共同参画フォーラムに出演するご縁など、身近なつながりから徐々に掲載対象を広げていかれてはと存じます。
6  昨年6月に現住所に越してきたが、一度も広報紙が入っていない。  広報かわぐちは、公共施設や市内各駅、金融機関、コンビニエンスストアなど、市内約300カ所の拠点で配布しています。
また、町会・自治会では、会員への戸別配布を行っています。
 広報紙はインターネットでも広報かわぐちでも公開しています。
7  「市民憲章運動」(市民憲章の制定および推進活動)の支援をしている。
この大会は、まちづくり施策にとって極めて有益であると確信しているので、是非職員派遣をして欲しい。
 本市では、自治基本条例の制定後、「市政の主役は市民」との理念の下、「自治」の地域風土を醸成するため、本年4月に市民参加条例及び協働推進条例を施行し、併せて男女共同参画推進条例も施行したところですが、直ちに職員を派遣することは現状できません。
8  川口市マスコット「きゅぽらん」を見かけ、星マークの中のKを発見した。Kの意味はあるのか  川口市マスコット「きゅぽらん」の星マークの中のKは、“川口の星”になるようにと願いを込め、川口のアルファベット表記の頭文字である“K”をデザインしたものです。
9  広報かわぐち4月号に前市長故永瀬洋治氏市葬の記事があったが、いつ亡くなったのかが明記されていなかった。
 前月号に記載していたのかもしれないが、4月号の一番先頭に記載するべきだと思う。
 今後とも、丁寧な案内という視点に立ち、記事の内容を精査して参ります。
10  市ホームページでパブリックコメントを見ると、募集意見期限から、半年近く経つが未だ意見募集結果が出ていない。
 意見募集の時点で公表時期がわかるのであれば予定でもいいから明記すれば良いのでは。
 計画を策定するなかで審議会等を設けている場合は、結果公表までに半年近くかかって公表した事例もあります。
 しかし、意見募集時に公表時期を明記することについては、パブリックコメントを行う担当課と今後も連絡を密に取り合って調整してまいります。
お問い合わせ

広報課
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(本庁舎4階)
電話:048-259-7628(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-5661

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月28日