川口市まち・ひと・しごと創生総合戦略

「川口市まち・ひと・しごと創生総合戦略」及び「川口市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」を策定しました

1 策定の経緯

  • 国による法施行と長期ビジョン・総合戦略の策定
    国は、わが国の急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、地方が成長する活力を取り戻す「地方創生」を進めるため、平成26年11月、「まち・ひと・しごと創生法」を施行し、同年12月に「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定。
    (注意)基本的な考え方:人口減少と地域経済縮小の克服
    基本的視点
    1.「東京一極集中」の是正
    2.若い世代の就労・結婚・子育ての希望を実現
    3.地域の特性に即して地域課題の解決
  • 地方の策定を努力義務に
    国は併せて、全市町村に対して、地方版総合戦略の策定を努力義務とした。
  • 本市も呼応
    本市も、これに呼応し、地域の特性に即した地方創生を推進するため、平成27年1月から約1年をかけて、「川口市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定。

2 本市総合戦略の概要

1.計画期間平成27年度から令和2年度までの6年間

※策定時の計画期間は平成27年度から令和元年度までの5年間でしたが、令和元年度に計画期間を1年延伸し、平成27年度から令和2年度までの6年間に改訂しました。

2.人口推計から得られた本市の【ひと】の特性

  • 平成32年に約60万1千人となったのち微減に転じるものの、20年後の平成47年時点でも、現在と同等の人口を維持すると見込まれる。
  • 65歳以上の人口比率は、平成27年の21.5%に対し、平成42年で24.1%と、比較的ゆるやかな増加の傾向と推計。

3.本市の【まち】【しごと】の特性

  • 【まち】経済・生活両面にわたる利便性、伝統に培われた産業、豊かな自然。
  • 【しごと】市内民間勤労者数は近年減少し市外勤労者への所得依存度が高い。

4.前述2. 3.を踏まえた本市地方創生の方向性

  • 本市が持続的に発展していくためには、人口減少期の到来に先んじて市内経済の好循環を形成し、市民所得が市外消費によって流出することを防ぐとともに、市内消費の増加によって、市内生産に、より多くの所得を還流させ、市内勤労者の給与収入の増加につなげることが必要。
  • 併せて、本市の特性を活かし「選ばれる」まちづくりを推進することにより、居住者を増やし、市民所得の総額の増加と定住につなげることも必要。

5.市総合戦略の基本戦略

【まち】の特色を活かして、多くの【ひと】に選ばれ、市内外の【しごと】からたくさんの所得を得る

6. 19に及ぶ新規・拡充の個別戦略により、地方創生を実現

  • 次の4つのターゲットに区分し展開。
    ターゲットA市産品の活用・市内事業者への優先発注等の促進
    ターゲットB既存産業の支援・新産業の創出による市内産業基盤の強化
    ターゲットC市内外の人々に居住先として選ばれるためのソフト面の環境整備
    ターゲットD市内外の人々に居住先として選ばれるためのハード面の環境整備

ダウンロード

お問い合わせ

企画経営課 企画係
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1 (第一本庁舎4階)
電話:048-259-7627(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-1203

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年05月07日