マイナンバー通知カード廃止について

法律の改正により、令和2年5月25日をもって通知カードは廃止されました。廃止後の通知カードの取り扱い等は、以下のとおりとなります。

マイナンバー通知カード(令和2年5月25日をもって廃止)とは

マイナンバー通知カード(以下 通知カード)は、マイナンバーをお知らせするためのものです。制度開始時(平成27年10月5日)を基準日に、住民票のある市民の方全員に一斉に通知カードを送付しました。また、制度開始後から令和2年5月22日までに、初めてマイナンバーが付番されたかた(出生、海外からの転入をされたかた等)には、転送不要の簡易書留にて住民票の住所に随時送付しているものです。

通知カード見本

※通知カード廃止後であっても、通知カードに同封された交付申請書(赤枠内)をお持ちの場合は、スマートフォンやパソコンでマイナンバーカードのオンライン交付申請が可能です(改姓や転居等で通知カードの記載事項に変更がある場合でも可能です)。

廃止後の通知カードの取り扱いについて

1.通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できます。
2.通知カードの再交付申請はできません。
3.氏名、住所等に変更が生じた際に通知カードの記載の変更はできません。
4.通知カードを紛失した場合は、引き続きその旨を市に届出してください。
5.マイナンバーカードの交付を受けようとする場合等には、引き続き通知カードを市に返納してください。
6.市役所に返戻され、保管されているものに限り通知カードの交付申請ができます。

今後のマイナンバーの通知方法について

令和2年5月25日以降、初めてマイナンバーが付番されたかた(出生、海外からの転入をされたかた等)には、通知カードに代わり、個人番号通知書(マイナンバー、氏名、生年月日、個人番号通知書の発行の日等が記載された書面)を転送不要の簡易書留にて住民票の住所に送付します。

見本:個人番号通知書

通知確認書

個人番号通知書の取り扱いについて

1.個人番号通知書はマイナンバーを証明する書類として使用できません。
(マイナンバーを証明する書類が必要な場合、マイナンバーカードの提示又は住民票の写し若しくは住民票記載事項証明書の提出が必要となります。)
2.氏名、住所等に変更が生じた際に個人番号通知書の記載の変更を行いません。
3.個人番号通知書は紛失時に届出の必要がありません。
4.個人番号通知書はマイナンバーカード交付時に返納する必要がありません。
5.個人番号通知書の再交付申請はできません。
 

マイナンバーを証明できるもの

1.マイナンバーカード
2.マイナンバー入りの住民票の写し
3.マイナンバー入りの住民票記載事項証明書
4.氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している通知カード
※マイナンバーカードの申請及び住民票・記載事項証明書の取得方法に関しては、下記リンクをご覧ください。

お問い合わせ

市民課記録係
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(第一本庁舎3階)
電話:048-258-7923(記録係直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-5762

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年05月25日