福祉3医療(子ども・ひとり親・重度心身障害者医療)における埼玉県内全域での窓口無料化(現物給付)の開始について

更新日:2022年08月16日

■概要

川口市では、更なる子育て支援や福祉の充実を図る観点から、福祉3医療費支給事業(子ども医療費支給事業・ひとり親家庭等医療費支給事業・重度心身障害者医療費支給事業)の受給資格があるかたの医療費について、埼玉県内全域の医療機関等での窓口無料化(現物給付)を実施します。

■窓口無料化(現物給付)とは

福祉3医療費助成制度において、受給者が医療機関の窓口で医療費を支払う代わりに、受給者証を発行する自治体が医療機関にその医療費を支払うことを、見かけ上、医療費を支払うことなく医療というサービス(現物)の給付を受け、窓口負担を無料とすることから「窓口無料化(現物給付)」と呼びます。

従来は主に川口市内の医療機関でのみ窓口無料化を実施していましたが、令和4年10月以降順次、埼玉県内全域の医療機関まで窓口無料化を拡大していきます。

県内であっても窓口無料化を実施していない医療機関もございます。実施の有無に関しましては、各医療機関を受診する際にご確認ください。

■実施内容

image

■窓口無料化(現物給付)の対象とならない場合

・埼玉県外の医療機関を受診する場合

・受給者証を提示しない場合

・保険適用後の自己負担額(2割・3割等の一定割合)が月額21,000円以上となる場合

・保険適用となる訪問看護、接骨院等、あんまマッサージ・はり・灸の施術による療養費の自己負担額

・治療用装具を作成した場合

 

窓口無料化の対象とならず、医療機関の窓口で医療費を支払った場合は、その領収書を添えて川口市に請求していただければ医療費相当額を振込で後日支給します。(償還払い)

償還払いの請求方法については、福祉3医療の各助成事業のホームページをご覧ください。

■実施時期

・子ども医療費、重度心身障害者医療費⇒令和4年10月受診分から

・ひとり親家庭等医療費⇒令和5年1月受診分から

 

    子ども医療費、重度心身障害者医療費の受給資格の対象となるかたへは令和4年9月中に、ひとり親家庭等医療費の受給資格の対象となるかたへは令和4年12月中に新しい受給者証を送付します。

■各医療助成事業のページリンク

■問い合わせ先

【子ども医療費に関すること】

子育て支援課手当係

電話048-258-1113 ファックス048-255-3188

【ひとり親家庭等医療費に関すること】

子育て支援課支援係

電話048-258-1114 ファックス048-255-3188

【重度心身障害者医療費に関すること】

障害福祉課手帳係

電話048-259-7678 ファックス048-259-7943

お問い合わせ

子育て支援課支援係
所在地:川口市中青木1-5-1
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-258-1114(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-255-3188

メールでのお問い合わせはこちら