【市内医療機関向け】新型コロナウイルスワクチンの時間外・休日の接種費用の上乗せ・協力金・補助金について

時間外・休日の接種費用の上乗せに係る請求(令和3年8月~9月実施分)

 

(1)接種費用(1回あたり)

 

接 種 費 用

単 価(税込)

1

時間外加算

803円

2

休日加算

2,343円

 

(2)請求対象期間

令和3年8月1日(日曜日)から10月2日(土曜日)実施分まで

 

(3)請求に必要な書類

●(様式1)コロナウイルスワクチン接種の時間外及び休日対応に係る請求書

●(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書(診療所用または病院用)

以上2点で、市へ請求してください。

 

(4)注意事項

●「(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書」は、県に提出する様式と異なりますので、上のリンクよりダウンロードしてください。

●「(様式1)コロナウイルスワクチン接種の時間外及び休日対応に係る請求書」の振込先口座は、接種費用の振込先と同じ口座をご記入ください。


●「(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書」は、診療所用と病院用で様式が異なりますので、ご注意ください。

●(様式1・様式2)のエクセルファイルへの入力につきましては、【別添2】をご覧ください。

●「(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書」には、押印欄がありますが、押印の省略は可能です。

 

(5)請求受付期間

令和3年10月18日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで ※必着

 

(6)請求先(メールでの提出も可能です)

〒332-8601

川口市青木2-1-1 川口市新型コロナウイルスワクチン接種推進室

メールアドレス 087.01020@city.kawaguchi.saitama.jp

 

(7)参考資料(出典:厚生労働省)

川口市独自の協力金の請求について(令和3年8月~9月実施分)

(1)協力金(1回あたり)

 

対象医療機関※

区 分

協 力 金

1

診療所

週100回以上を4週間以上行った場合

1,000円

2

診療所

週150回以上を4週間以上行った場合

1,000円

3

診療所

上記1,2に該当しない週

2,000円

4

病院

一律

2,000円

※職域接種を除きます。

 

(2)請求対象期間

令和3年8月1日(日曜日)から10月2日(土曜日)実施分まで 

 

(3)請求に必要な書類

●(様式4)川口市個別接種に伴う協力金の支払いについて

●(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書(診療所用または病院用)

以上2点で、市へ請求してください。

 

(4)注意事項

●「(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書」は、県に提出する様式と異なりますので、上のリンクよりダウンロードしてください。

●「(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書」は、診療所用と病院用で様式が異なりますので、ご注意ください。

●(様式1・様式2)のエクセルファイルへの入力につきましては、【別添2】をご覧ください。

●「(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書」には、押印欄がありますが、押印の省略は可能です。

 

(5)請求受付期間

令和3年10月18日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで ※必着


(6)請求先(メールでの提出も可能です)

〒332-8601

川口市青木2-1-1 川口市新型コロナウイルスワクチン接種推進室

メールアドレス 087.01020@city.kawaguchi.saitama.jp

川口市独自の補助金の申請について

新型コロナウイルスワクチン接種体制の整備、接種に関係した職員に支給した特別手当等について、補助金を交付します。
「 川口市独自の協力金の請求について」で提出いただく、新型コロナウイルスワクチン接種の実績をもとに、補助金の支給対象となる医療機関様に対しては、本市保健総務課から個別にご案内いたします。

質問と回答(Q&A)

すでに本市に寄せられている質問について、回答します。

令和3年10月11日 

 

時間外・休日の接種費用の上乗せに係る請求
質問 回答
1 「時間外」や「休日」の定義とはなにか。 「時間外」:休日以外の日で、診療時間以外の時間です。
「休日」:終日、診療をしていない日及び日曜日・祝日です。
詳細は、「【別添1】新型コロナウイルスワクチンの時間外・休日の接種費用について」をご覧ください。
2 提出先はどこか。 〒332-8601
川口市青木2-1-1 川口市新型コロナウイルスワクチン接種推進室
です。
3 請求資料を郵送ではなく、メールで提出したい。 可能です。
その際、メールの表題は次のとおり、お願いします。
「(医療機関名)時間外及び休日対応に係る請求書等」
当室のメールアドレスは次のとおりです。
087.01020@city.kawaguchi.saitama.jp
4 被接種者は高齢者に限るか。 被接種者に対する区分はありません。医療従事者、職域接種、巡回接種も対象です。
ただし、集団接種会場(旧そごう川口店等)は対象外です。
5 当院では内科で予防接種を実施しているが、内科は土・日を休診としている。その場合、土・日を「休日」としてよいか。 病院全体が休診となっている場合及び日曜日・祝日が「休日」となります。土曜日に貴院で診療をしている科がある場合は「休日」とはなりません。
6 土曜日は終日、「休日」または「時間外」としてよいか。 例えば土曜日の午前中のみ診療している場合は、土曜日の午前中は加算の対象外、土曜日の午後は「時間外」となります。
7 当院では日曜日を休診としているが、例えば、
月~土曜日 144回
日曜日 12回
接種した場合、「(様式2)」にはどのように記載すればよいか。
「週の合計」の列に関する質問かと存じます。
その場合、「接種回数」、「時間外の接種」及び「休日の接種」の3か所を記載をしてください。
8 県に提出した「(様式2)新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書」の写しがあれば、請求にはそれを提出すればいいのか。 県に提出された「(様式2)」は、県独自の様式であり、時間外・休日の接種回数の記載欄がないため使用できません。
当ページにある「(様式2)」のファイルに記載し、市へご提出ください。
川口市独自の協力金の請求
質問 回答
9 県の「個別接種促進事業」の「診療所」を対象とするものは、接種回数が100回以上/週または150回以上/週を、4週間以上行った場合、2,000円/回または3,000円/回の協力金が支給されるとのことだが、市の協力金も同様、4週間以上か。 市の協力金も、100回以上/週または150回以上/週のカウントの仕方は県の基準と相違ありません。
10 県の「個別接種促進事業」の「診療所」を対象とする協力金で、支給対象外となった場合であっても、市からは1回あたり2,000円支給されるということか。 お見込みのとおりです。
11 県の「個別接種促進事業」の「診療所」を対象とする協力金で、接種回数が100回/週の週が3週間だった場合は、市からの協力金は1回あたりいくら支給されるか。 1回あたり、2,000円です。

 

参考資料

お問い合わせ

川口市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

電話:050-3160-9567

上記の電話番号が繋がらない場合は下記連絡先にご連絡ください。

電話:050-3205-0764

24時間自動応答サービス
オペレーター対応時間:9時00分~18時00分
※通話料金が掛かります。
※オペレーター対応は、令和3年12月29日~令和4年1月3日まで年末年始休業といたします。

更新日:2021年08月14日