接種券の発行について

更新日:2023年12月22日

接種券の発行について

【対象者】

  • 仮放免で川口市内に居所があるかた
  • 短期滞在で入国したもののやむを得ず在留期間を更新した外国人のかた
  • 特別な事情があり住民登録がなされていないが、川口市内に居所があるかた

【申請方法】

申請方法は、郵送のみとなります。

申出書の送付先 ※郵送料は自身の負担となります。

〒332-8601

川口市青木2-1-1

「川口市 新型コロナウイルスワクチン接種推進室」

 

接種券の発行についての説明書

必要書類

1.以下の2.3.4の「接種券発行申出書」はこちらの日本語版を使用してください。

日本語(申請用)PDFファイル

中国語(閲覧用)(PDFファイル

英語(閲覧用)(PDFファイル

韓国語(閲覧用)(PDFファイル

トルコ語(閲覧用)(PDFファイル)

ベトナム語(閲覧用)(PDFファイル

タガログ語(閲覧用)(PDFファイル

2.仮放免で川口市内に居所があるかた

・接種券発行申出書(※上記1からダウンロードしてください)

・被接種者のパスポート(個人情報の記載があるページの写し)

・被接種者の仮放免許可証(すべてのページの写し)及び「呼出状」

・代理人の本人確認書類の写し(代理人が申請する場合のみ)

3.短期滞在で入国したもののやむを得ず在留期間を更新した外国人のかた

・接種券発行申出書(※上記1からダウンロードしてください)

・被接種者のパスポート(個人情報の記載があるページの写し)

・居住地の住所を確認できるもの(賃貸住宅の契約書、公共料金の領収書等)の写し

・出入国在留管理局が在留期間更新許可の際に旅券に貼付する証印シールの写し(3か月の在留期間が決定された者は1枚以上、在留資格「短期滞在」で90日の在留資格が決定された者は2枚以上)※短期滞在者のみ

・代理人の本人確認書類の写し(代理人が申請する場合のみ)

4.特別な事情があり住民登録がなされていないが、川口市内に居所があるかた

・接種券発行申出書(※上記1からダウンロードしてください)

・官公署が発行した身分証明書

・居住地の住所を確認できるもの(賃貸住宅の契約書、公共料金の領収書、生活保護受給証明書等)の写し

・代理人の本人確認書類の写し(代理人が申請する場合のみ)

交付方法

居住地の住所宛に郵送します。申請をいただいてから接種券の発送までに2週間~1ヶ月程度要します。

接種を受けるにあたって

◎接種場所について

接種実施医療機関は市ホームページ、広報等でご確認ください。接種には事前に予約が必要です。

◎医療費について

国民健康保険や社会保険等に加入されていないかたは、副反応で治療行為を受けた場合の治療費は全額自己負担になります。

ワクチンの説明書

予防接種による健康被害救済制度について

予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。申請に必要となる手続きなどについては、ページ下部に記載の問い合わせ先までご相談ください。
 

お問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種推進室
​​​​​​​所在地:〒334-0011
川口市三ツ和1-14-3(鳩ヶ谷庁舎3階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-271-9650(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-285-2230

メールでのお問い合わせはこちら