新型コロナワクチンの有効期限に関する情報

更新日:2023年12月13日

新型コロナワクチンの有効期限延長について

ワクチンの有効期限について

ワクチンの有効期間は、一定期間ワクチンを保存した場合に品質が保たれるかについて、当該ワクチンを製造・販売する企業において集められたデータに基づき、薬事上の手続きを経て設定されます。このため、一度有効期間を設定した後であっても、当該企業において、引き続き、より長くワクチンを保存した場合に品質が保たれることについてデータが集められれば、そのデータに基づき薬事上の手続きを経て、有効期間が延長される場合があります。

ファイザー社ワクチン(オミクロン株XBB.1.5対応)

令和5年12月4日現在、ファイザー社ワクチン(オミクロン株XBB.1.5対応)の有効期限は18か月となっております。

ご自身が接種したワクチンの有効期限を確認したい場合は、こちら(厚生労働省のホームページ)でご確認ください。

モデルナ社ワクチン(オミクロン株XBB.1.5 対応)

モデルナ社ワクチン(オミクロン株XBB.1.5 対応)の有効期間は、以下のとおり延長されています。

ワクチン/承認日 令和5年
9月12日

モデルナ社ワクチン

(オミクロン株XBB.1.5 対応)の有効期間

9か月→12か月

有効期限が印字されているワクチンの延長後の有効期限は、以下のPDFファイルをご確認ください。

モデルナ社ワクチン(12歳以上用、オミクロン株XBB.1.5 対応)の有効期限について(厚生労働省・事務連絡資料)(PDFファイル:124KB)

武田社ワクチン

今般、武田社ワクチン(ノババックス)の有効期間は、以下のとおり延長されています。

ワクチン/変更日

令和5年

6月20日

令和5年
10月16日

武田社ワクチン(ノババックス)の有効期間

9か月→12か月

12か月→14か月

有効期限が印字されているワクチンの延長後の有効期限は、以下のPDFファイルをご確認ください。

武田社ワクチン(ノババックス)の有効期限について(厚生労働省・事務連絡資料)(PDFファイル:137.3KB)

第一三共社ワクチン(オミクロン株XBB.1.5対応)

令和5年12月4日現在、第一三共社ワクチン(オミクロン株XBB.1.5対応)の有効期限は7か月となっております。

ご自身が接種したワクチンの有効期限を確認したい場合は、こちら(厚生労働省のホームページ)でご確認ください。

お問い合わせ

新型コロナウイルスワクチン接種推進室
​​​​​​​所在地:〒334-0011
川口市三ツ和1-14-3(鳩ヶ谷庁舎3階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-271-9650(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-285-2230

メールでのお問い合わせはこちら