新型コロナウイルス感染症にかかる後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症にかかる後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者(世帯主)の収入が減少した場合等は、後期高齢者医療保険料の減免措置があります。

(国民健康保険料の減免申請をしているかたについても、年齢到達等により後期高齢者医療保険の資格を取得した場合は、改めて申請が必要となります)

申請は令和3年3月31日までです。

対象となる世帯

(1)新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者(世帯主)が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯のかた

(注意)重篤な傷病とは、1か月以上の治療を有すると認められるなど、症状が著しく重い場合を言います。

(2)新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者(世帯主)の事業収入等の減少が見込まれ、次の1~3の全てに該当するかた

  1. 世帯の主たる生計維持者(世帯主)の事業収入や給与収入など、収入の種類ごとに見た令和2年の収入のいずれかが、令和元年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
  2. 世帯の主たる生計維持者(世帯主)の令和元年の所得の合計額が1,000万円以下であること
  3. 世帯の主たる生計維持者(世帯主)の収入減少が見込まれる種類以外の令和元年の所得の合計額が400万円以下であること

対象となる保険料

令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合は特別徴収対象年金の給付日)が設定されている後期高齢者医療保険料

減免の割合

〇対象となる世帯の(1)に該当する場合・・・全額免除

〇対象となる世帯の(2)に該当する場合・・・以下のとおり減免される額を算定

対象保険料額(【A】×【B】÷【C】)×【D】=減免される額

・【A】同一世帯に属する被保険者について算定したそれぞれの保険料額

・【B】減少することが見込まれる世帯の主たる生計維持者(世帯主)の事業収入等に係る前年の所得額

・【C】世帯の主たる生計維持者および当該世帯に属する全ての被保険者の前年の合計所得額

・【D】減免の割合

世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得額と減免割合
世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得額 割合
300万円以下 全部
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1000万円以下 10分の2

減免対象になると思われる方は、申請に必要な書類等ご案内いたしますので、ご相談ください。

お問い合わせ

高齢者保険事業室
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(第一本庁舎2階)
電話:048-259-7653(高齢者保険事業室直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-259-7931

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年11月26日