定期予防接種の受け方

定期(法律で定められた)予防接種の受け方についてご紹介しています。

個別予防接種の受け方

川口市では、小児の定期予防接種を市内の委託医療機関において個別で実施しています。
対象年齢等を確認し、医療機関に電話で予約の上、接種を受けてください。
予防接種を受ける前に、副反応についての説明を必ずお読みください。

実施期間

通年

費用

無料

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 予診票(医療機関にも置いてあります)

実施場所

予防接種全般について

副反応疑い等についての説明

予防接種名

対象疾病

回数

ワクチンの種類

受けるのに適した年齢(標準年齢)及び

接種方法

受けることが

可能な年齢

(対象年齢)

Hib(ヒブ)

感染症

Hibによる髄膜炎、急性喉頭がい炎等

4回

※1

不活化

初回

生後2か月~7か月に至るまでに開始した場合:27~56日の間隔をおいて3回

生後2か月

~5歳未満

追加

初回接種終了後、7か月~13か月の間隔をおいて1回

小児の肺炎球菌感染症

肺炎球菌による肺炎、髄膜炎、中耳炎等

4回

※1

不活化

初回

生後2か月~7か月に至るまでに開始した場合:27日以上の間隔をおいて3回

生後2か月

~5歳未満

追加

初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて生後12か月以降に1回(生後12か月~15か月)

B型肝炎

B型肝炎ウィルスによる肝炎、肝硬変、肝がん

3回

不活化

1、2回目

生後2か月から27日の間隔をおいて2回

1歳未満

3回目

7~8か月(1回目から139日以上の間隔をおいて)1回

四種混合

(DPT-IPV)

ジフテリア

破傷風

百日せき

ポリオ

4回

 

不活化

 

第1期初回

生後3か月~12か月の間に20日~56日の間隔をおいて3回

生後3か月~

7歳6か月未満

第1期追加

初回接種終了後、12か月~18か月の間隔をおいて1回

または

三種混合(DPT)※2

単独不活化ポリオ

4回

不活化

○ポリオ生ワクチンを2回受けているかたは、不活化ポリオワクチンを受ける必要はありません。

○ポリオ生ワクチンを1回受けているかたは、不活化ポリオワクチンを3回受けてください。

○三種混合ワクチンの接種が済んでいないかたは、残りの回数を四種混合ワクチンで受けてください。

BCG

結核

1回

生後5か月~8か月までに1回

1歳未満

麻しん

風しん混合

(MR)

麻しん

(はしか)

風しん

(三日ばしか)

2回

 

 

第1期

1歳~2歳未満の間に1回

第2期

平成31年4月1日から平成32年3月31日の間に1回
(平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれのかた)

 

麻しん又は風しんのいずれか一方にかかったことが確実な場合は、希望により麻しん又は風しんの単独ワクチンも受けられます。

水痘

水痘
(水ぼうそう)

2回

1回目

1歳~1歳3か月未満の間に1回

1歳~3歳未満

2回目

1回目接種から6~12か月の間隔をおいて1回

日本脳炎

※3

日本脳炎

4回

不活化

第1期初回

3歳の間に6~28日の間隔をおいて

2回

生後6か月~

7歳6か月未満

 

第1期追加

4歳の間で、初回接種終了後おおむね1年後に1回

第2期

9歳の間に1回

9歳~13歳未満

二種混合

ジフテリア

破傷風

1回

不活化

第2期

11歳の間に1回

11歳~13歳未満

ヒトハ゜ヒ゜ローマウィルス感染症

※4

子宮頸がん

3回

不活化

中学1年生(女子)の間に3回

(平成25年6月14日の厚生労働省からの勧告により積極的に勧められていません。)

小学校6年生~

高校1年生の(女子)

 

※1接種回数は、開始日月齢によって変わります。

※2三種混合ワクチンの接種が完了していない場合は、四種混合ワクチンを接種してください。

※3平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれのかたは、20歳未満の間、日本脳炎を定期 予防接種として受けることができます(ただし、2期は9歳以上)。

平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれのかたで、平成22年3月31日までに日本脳炎第1期予防接種が終わっていないかたは、第2期(9歳以上13歳未満)の間、終了していない日本脳炎第1期を定期予防接種として受けることができます。

※4平成25年6月14日の厚生労働省からの勧告により積極的に勧められていません。

予防接種のスケジュール管理について

子育て支援サイト「わくわくワクチン」にご登録いただくと、予防接種のスケジュール自動作成や医療機関検索などができます。下記リンクより登録し、ご活用ください。

※通信費・パケット料は利用者負担となります。

予防接種の個人通知について

それぞれの予防接種に該当するかたには、詳しい案内と接種の際に必要な「予診票」を以下のとおり送付しています。 転入されたかたの場合、既に対象年齢を迎えている予防接種の通知はありませんので、委託医療機関にある予診票をお使いいただくか、地域保健センターにご連絡ください。

予防接種

個人通知発送時期

Hib(ヒブ)感染症・小児の肺炎球菌感染症・B型肝炎

生後2か月を迎える前の月末

四種混合(DPT-IPV)・BCG(結核)

生後3か月を迎える前の月末(3・4か月児健診の通知に同封)

麻しん風しん混合(MR)第1期・水痘

満1歳を迎える前の月末

麻しん風しん混合(MR)第2期

小学校就学の前年の3月末

二種混合(DT)

満11歳を迎える前の月末

日本脳炎第1期※5

満3歳を迎える前の月末

日本脳炎第2期※5

満9歳を迎える前の月末(平成19年4月2日以降に生まれたかた)

満18歳を迎える前の月末(平成7年4月2日~平成19年4月1日に生まれたかた)

ヒトパピローマウイルス感染症

(子宮頸がん)

 

平成25年6月14日の厚生労働省からの勧告により行っていません。

 

※5日本脳炎の個人通知については、積極的勧奨を行っていない期間があったため、特例措置がとられています。対象者(下記1.又は2.のかた)で予診票がない場合は、委託医療機関にある予診票をお使いください。

  1. 平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれのかた・・・20歳未満の間、日本脳炎を定期予防接種として受けることができます(ただし、2期は9歳以上)。
  2. 平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれのかた・・・平成22年3月31日までに日本脳炎第1期予防接種が終わっていない場合は、第2期(9歳以上13歳未満)の間、終了していない日本脳炎第1期を定期予防接種として受けることができます。対象者へは通知を行っています。(通知がなくても、対象であれば接種は受けられます。)
お問い合わせ

川口市保健所地域保健センター
所在地:〒332-0026川口市南町1-9-20
電話:048-256-2022(ファックス:048-256-2023)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年04月01日