先進医療不育症検査費助成金

先進医療に指定された不育症検査費用の助成

川口市では、先進医療に指定された「不育症検査費用」の一部を助成します。

1.対象の検査

・先進医療の実施医療機関として指定された医療機関で行った、流産検体の染色体異常検査。

・川口市早期不妊検査費、不育症検査費助成事業等、他の助成金を受けていない先進医療の不育症検査。

※先進医療の実施医療機関は、以下のリンク先【先進医療A】の番号25をご確認ください。

2.対象のかた

以下のすべてに該当しているかたが対象となります。

・助成金申請時に川口市に住民登録がある女性

・2回以上の流産、死産の既往があるかた

・令和3年4月1日以降に検査を受けたかた

3.助成の上限額

・検査1回につき5万円まで

(検査費用が5万円に満たない場合は、証明書に記載された金額となります。)

4.必要書類

(1)川口市先進医療不育症検査費助成金交付申請書兼請求書(PDFファイル:91.4KB)(申請者が記入)

(2)川口市先進医療不育症検査受検証明書(PDFファイル:78.5KB)(検査を受けた医療機関が記入)

(3)不育症検査結果個票(流産検体を用いた染色体検査)(PDFファイル:283.8KB)(検査を受けた医療機関が記入)

(4)検査を受けた医療機関発行の領収書の原本(申請印を押印し、写しをとった後にご返却いたします。)

(5)振込を希望する銀行口座の(原則申請者)の通帳の写し(口座名義、口座番号、店番号の記載がある部分の写し)

※申請者以外の口座にお振込みを希望される場合は、申請書の下段にあります委任状をご記載ください。

5.申請期限

検査を実施した日の属する年度内にご提出ください。郵送の場合、消印有効。

(令和3年4月1日~令和4年3月31日の間に実施した検査は、令和4年3月31日が申請期限です。)

※やむを得ず、申請期限までにご提出ができない場合は、期限前にお電話でご相談ください。

6.提出先

川口市地域保健センター(ご郵送またはご持参、どちらでもお受付可能です。)

7.助成金の交付・その他

・申請から約3か月後、審査の結果、交付要件に合致している場合は助成金交付決定通知書を郵送し、指定された口座に助成金を振り込みます。不交付の場合においても、助成金不交付決定通知書を郵送で交付します。

・不育症検査結果個票の内容は、個人情報を除き、国に報告し、検査の保険適用に向けた検討等の活用させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ

川口市保健所地域保健センター
所在地:〒332-0026川口市南町1-9-20
電話:048-256-2022(ファックス:048-256-2023)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年05月07日