使用済自動車の解体業の許可

使用済自動車の再資源化等に関する法律に基づき、解体業を行おうとする者は、許可を受けなければなりません。

手続きの流れ

解体業を行おうとする者は、事業計画について事前協議を行い、その後、許可申請書を提出し、許可を受けることになります。

事前協議

解体業を新たに計画されている方は、許可申請前に、市に計画書を提出し、事業計画や施設の構造等について協議します。

計画書

提出方法

事前に来庁日を、お電話で予約してください。

計画書は、以下の書類を添付のうえ、直接窓口へ持参してください。郵送では受け付けていません。

提出部数

計画書は3部(正本1部、副本2部)提出してください。

許可申請

事前協議により審査結果の通知を受けた後、2年以内に内容を整備、充足したうえで、許可申請してください。

申請をするときは、事前に来庁日を、お電話で予約してください。

申請手数料

金額

1件につき78,000円

支払い方法

申請時に納付書を交付します。

指定の金融機関に納付書を持参し、お支払いください。

お支払い後は、納付済証(金融機関の印があるもの)の写しを提出してください。

更新許可申請

許可の有効期限は、5年間です。引き続き解体業を行う場合は、許可を更新してください。

申請書

提出方法

事前に来庁日を、お電話で予約してください。

許可有効期限の2ヶ月前から、申請を受け付けています。

申請書は、直接窓口へ持参してください。郵送では受け付けていません。

提出部数

申請書は2部(正本1部、副本1部)提出してください。

申請手数料

金額

1件につき70,000円

支払い方法

申請時に納付書を交付します。

指定の金融機関に納付書を持参し、お支払いください。

お支払い後は、納付済証(金融機関の印があるもの)の写しを提出してください。

変更届出

許可の内容に変更があった場合、届出書を提出してください。

届出書

提出方法

・窓口へ持参

・郵送

(注意)郵送による提出の場合は、返信用の封筒と切手を同封してください。控えが必要な場合は、3部提出してください。

提出期限

変更した日から30日以内

提出部数

申請書は2部(正本1部、副本1部)提出してください。

廃業等届出

解体業を廃止した場合は、届出書を提出してください。

届出書

提出方法

許可証を添付のうえ、窓口へ持参してください。

提出期限

廃業した日から30日以内

提出部数

申請書は1部提出してください。控えが必要な場合はもう1部持参してください。

休止等届出

解体業者は、事業の全部又は一部を30日以上休止する場合、また再開する場合はあらかじめ届出書を提出してください。

届出書

提出方法

・窓口へ持参

・郵送

(注意)郵送による提出の場合は、返信用の封筒と切手を同封してください。控えが必要な場合は、もう1部提出してください

提出部数

申請書は1部提出してください。

許可証の再交付

解体業者は、許可証を亡失、毀損、汚損等した場合、許可証の再交付を受けることができます。

申請書

提出方法

申請書は、直接窓口へ持参してください。郵送では受け付けていません。

提出部数

申請書は1部提出してください。

申請手数料

金額

1件につき1,400円

支払い方法

申請時に納付書を交付します。

指定の金融機関に納付書を持参し、お支払いください。

お支払い後は、納付済証(金融機関の印があるもの)の写しを提出してください。

お問い合わせ

産業廃棄物対策課
所在地:〒332-0001川口市朝日4-21-33(朝日環境センター・リサイクルプラザ棟2階)
電話:048-228-5380(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-228-5322

お問い合わせはこちら

更新日:2018年04月01日