種苗法が改正されました

更新日:2022年06月17日

種苗法改正(令和2年12月)の概要

令和3年4月1日から

  • 登録品種について、育成者権者が種苗の海外への持ち出しや国内での栽培地域を制限できます。
  • 「登録品種である旨」「輸出や栽培地域の制限がある場合その旨」を種苗の譲渡時などに表示することが義務化されました。

令和4年4月1日から

  • 登録品種の自家増殖に育成者権者の許諾が必要になります。

(注意)登録品種の種苗については、利用条件をよくご確認ください。

埼玉県登録品種の取扱い

  • 海外持ち出し禁止です。
  • 利用許諾契約などで栽培地域を県内に制限しています。(茶、シクラメンを除く)
  • 自家増殖は、県内生産者に限り(茶は県内・県外生産者に)許諾し、許諾料は無償とします。また、自家増殖の許諾手続きは不要です。(令和4年4月1日以降)
  • 作物別や品種別の対応は埼玉県ホームページをご覧ください。

種苗法改正に伴う埼玉県の対応について

関連リンク

お問い合わせ

農政課
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(第一本庁舎5階)
電話:048-259-9020(農政係)
048-259-7644、048-259-7249(農業振興係)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-1161

メールでのお問い合わせはこちら