桜町地区住宅市街地総合整備事業

住宅市街地総合整備事業とは

⼤都市地域等の既成市街地において、快適な居住環境の創出、都市機能の更新、美しい市街地景観の形成等を図りつつ職住近接型の良質な市街地住宅の供給を推進するため、住宅等の建設、公共施設整備等を総合的に行うことを目的としています。

桜町地区住宅市街地総合整備事業(拠点開発型)の経緯

桜町地区(約7.7ha)には昭和30年代に建設されたUR東鳩ヶ谷団地及びその周辺には同時期に行われたミニ開発により形成された密集木造住宅地があり、細街路が多く、道路、下水道(雨水)等の整備及び防災性について課題を抱えていました。

そこで、UR東鳩ヶ谷団地を建替えや、敷地の高度利用及び居住水準の向上を図りつつ、交通利便性を活かした職住近接の良質な市街地型住宅を供給するとともに、埼玉高速鉄道「新井宿駅」へのアクセス道路、外周道路、公園・広場等の公共施設整備を総合的に行い、居住環境や防災性の向上を図り、快適で安全な住宅市街地の形成を図ることを目的として、住宅市街地整備総合支援事業(現在の名称は住宅市街地総合整備事業(拠点開発型))を開始しました。

住宅市街地整備計画書

桜町地区の住宅市街地整備計画書については、こちらをご覧ください。

事業の進捗状況

桜町地区住宅市街地総合整備事業(拠点開発型)により、独立行政法人都市再生機構による東鳩ヶ谷団地の建替え(現コンフォール東鳩ヶ谷)が行われたとともに、平成24年度までには外周道路の整備が完了しましたが、アクセス道路は未整備の状態となっています。

現在は整備計画の見直しに向けて、現況調査等を行い、「まちづくりアンケート調査」や「まちづくり懇談会」を実施し、「まちづくり勉強会」を経て令和元年度に「まちづくり協議会」を設立しました。

お問い合わせ

都市整備管理課 再開発第2係
所在地:川口市三ツ和1-14-3(鳩ヶ谷庁舎2階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-280-1220(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年03月24日