子ども大学活動の記録(平成30年度)

平成30年度子ども大学かわぐち 講義の様子

第1日目:平成30年8月25日(土曜日) 会場:埼玉県産業技術総合センター

子ども大学活動第1日目の詳細

時間

内容

講師

9時〜9時30分

(入学式)

  • 学長あいさつ

  • 学生代表のことば

  • 記念撮影

 

9時30分〜 12時

(講義1)

いろんな音でアンサンブルしてみよう

埼玉学園大学人間学部教授

笠井 かほる 先生

平成30年度子ども大学かわぐちが開校しました!!

子ども大学生が続々と入学式会場に集合。今年も子ども大学生を、埼玉学園大学生のお兄さん、お姉さんが笑顔で出迎えました。

はじめに入学式です。子ども大学かわぐち実行委員長・山口総香メディアセブンセンター長の温かい言葉とともに開式しました。

子ども大学学長・茂呂修平川口市教育委員会教育長からは「皆さんには、周りの人たちと協力しながらより良い答えを見つけていく力が求められています。本当の大学生になったつもりで、積極的に学んでください。」とのお言葉をいただきました。

学生代表のことばでは、代表の6年生2名が子ども大学に対する期待や意気込みについて、堂々と発表しました。

最後に、みんな揃って集合写真を撮影しました。

平成30年度子ども大学かわぐち 入学式 実行委員長あいさつ
平成30年度子ども大学かわぐち 入学式 教育長あいさつ
平成30年度子ども大学かわぐち 入学式 学生代表のことば
平成30年度子ども大学かわぐち 入学式 集合写真

いよいよ初めての講義!

講義1は、埼玉学園大学・笠井先生による「いろんな音でアンサンブルしてみよう」です。

音楽の講義らしく、メロディにのせた「おはよう~♪」のあいさつで明るくスタートしました。

初めは緊張していた子ども大学生達も、「なべなべそこぬけ」を歌いながらスキンシップをとるうちにすぐ打ち解け、会場はみんなの笑顔に包まれていきました。埼玉学園大学生の皆さんも一緒に参加し、優しく教えてくれました。

最後には、さまざまな楽器を使ったアンサンブルに挑戦し、見事に成功! きれいなアンサンブルを会場中に響かせました。

笠井先生からは音の楽しさとともに、力を合わせる良さも学び、チームワークを高めることができました。

平成30年度子ども大学かわぐち 講義1
平成30年度子ども大学かわぐち 講義1
平成30年度子ども大学かわぐち 講義1
平成30年度子ども大学かわぐち 講義1

第2日目:平成30年8月27日(月曜日) 会場:埼玉高速鉄道 浦和美園駅

子ども大学活動第2日目の詳細

時間

内容

講師

9時45分〜12時

(講義2)

埼玉高速鉄道

鉄道体験学習プログラム

埼玉高速鉄道株式会社取締役鉄道統括部長

池田 司郎 先生  

職員の皆様

第2日目は、埼玉高速鉄道の浦和美園駅で鉄道体験学習です。

取締役鉄道統括部長の池田先生をはじめ、埼玉高速鉄道の職員の方々を講師としてお迎えしました。

まず、埼玉高速鉄道について講義がありました。講師の出題するクイズに子ども大学生は元気に答え、楽しく学ぶことができました。

次は駅構内の見学です。バリアフリー施設や安全対策、切符のロールなど、詳しく教えていただきました。普段は入ることのできない事務室も見学し、仕事の様子を学びました。

最後は車両洗浄体験です。洗車の様子を乗車しながら見ることができました。洗浄のローラーが目の前を通過し、水しぶきが窓一面に飛ぶと、子ども大学生は大歓声! 目を輝かせていました。

普段ではなかなかできない駅の裏側見学や車両洗浄体験をすることができ、子ども大学生も付き添いの方々も大満足の講義となりました。

平成30年度子ども大学かわぐち 講義2
平成30年度子ども大学かわぐち 講義2
平成30年度子ども大学かわぐち 講義2
平成30年度子ども大学かわぐち 講義2

第3日目:平成30年9月1日(土曜日) 会場:川口緑化センター 樹里安

子ども大学活動第3日目の詳細

時間

内容

講師

9時30分〜10時35分

(講義3)

川口植木のすごいところ

埼玉県花と緑の振興センター 前所長

落合 正宏 先生

10時45分~12時

(ワークショップ)

安行四季彩マット教室

四季彩会 会長 石原 保義 先生

株式会社BOSQUE 佐藤 伸一 先生

第3日目は、川口緑化センター樹里安で川口の植木について学ぶ「ふるさと学」です。

まず、講義「川口植木のすごいところ」がありました。講師は、埼玉県花と緑の振興センター 前所長の落合先生です。

川口の植木産業の歴史や緑化の取組、緑の役割、めずらしい樹木などについて学びました。子ども大学生は真剣な表情で講義を受け、まるで本当の大学の授業のようでした。講義の最後には、葉の裏に字が書ける「タラヨウ」(あだ名は葉書の木)に実際に文字を書く体験もできました。

平成30年度子ども大学かわぐち 講義3
平成30年度子ども大学かわぐち 講義3
平成30年度子ども大学かわぐち 講義3
平成30年度子ども大学かわぐち 講義3

講義のあとにはワークショップ「安行四季彩マット教室」が開かれました。講師は、四季彩会会長の石原先生と株式会社BOSQUEの佐藤先生です。

川口都市緑化の新技術・安行四季彩マットを使い、植木のミニチュアを作りました。講師の話をしっかりと聞いたり、埼学生やスタッフに手助けをしてもらったり、友達と見せ合ったりしながら、自分オリジナルの植木を完成させました。

体験を通して植木について学ぶとともに、生きた植物や土に触れる機会ともなりました。作品はお土産として大切に持ち帰りました。

平成30年度子ども大学かわぐち ワークショップ
平成30年度子ども大学かわぐち ワークショップ
平成30年度子ども大学かわぐち ワークショップ
平成30年度子ども大学かわぐち ワークショップ

第4日目:平成30年9月8日(土曜日) 会場:川口市立西公民館

子ども大学活動第4日目の詳細

時間

内容

講師

9時45分〜12時15分

(講義4)

楽しい工作でプログラミングを楽しもう!

デジタルハイク

  浅川 智己 先生

for Our Kids

  中尾 瑛佑 先生

for Our Kidsの皆様

メディアセブンスタッフ

 

第4日目は、川口市立西公民館でプログラミング講座です。

最初は、プログラミングロボット「PETS(ペッツ)」を使った学習です。「前進」や「右回転」といった処理命令用ブロックを挿し込むことで動くロボットを、障害物をよけながらゴールまで進ませる教材です。子ども大学生は、どうプログラミングすればよいか試行錯誤を繰り返しながら、一つずつ課題を解決していきました。難易度が上がっても諦めずに考え抜き、最終課題のステップ15までクリアしたグループもありました。

次は、Strawbees(ストロービーズ)です。ストローをコネクターでつなぎ、自由な発想で立体物を作っていく活動です。どんどんつなげて大きな立体にしたり、頭や顔にかぶせたり、バネのように伸び縮みする仕組みを作ったりしました。講師の方々が子ども大学生の面白い作品やアイディアを紹介してくれたので、素敵な作品がたくさん出来上がりました。楽しみながら創造力や思考力を身につけることができました。

最後は、PETSとStrawbeesを組み合わせたまとめの活動です。ストロービーズの立体作品をPETSのコースに置いてリアルな障害物にするグループや、ロボットにストロービーズの作品をバランスよく取り付ける子など、発想豊かに活動しました。

プログラミングの考え方に触れることで論理的な思考をする練習となりました。また、グループの友だちと協力することはコミュニケーション能力を向上させ、問題解決に必要な力をたくさん学べる講座となりました。

平成30年度子ども大学かわぐち 講義4
平成30年度子ども大学かわぐち 講義4
平成30年度子ども大学かわぐち 講義4
平成30年度子ども大学かわぐち 講義4

第5日目:平成30年9月15日(土曜日) 会場:川口市立幸栄公民館

子ども大学活動第5日目の詳細

時間

内容

講師

9時30分〜11時00分

(講義5)

誰かのための仕事 ~THE 消防~

川口市消防局

  山下 直人 教官

  大柳 泰江 教官

11時15分~11時45分

(修了式)

  • 修了証書授与

  • 学長あいさつ

  • 学生代表のことば

 

 

5日間にわたる子ども大学かわぐちもいよいよ最終日となりました。

講義5は、川口市消防局の職員による「誰かのための仕事 ~THE 消防~」(生き方学)です。

山下教官からは「消防の仕事」について学びました。消防士の具体的な仕事や川口市の消防の組織、消防車・救急車の値段などを教えていただきました。また、消防服やホースなど実物に触れることで、重さを体感することもできました。教官と学生が言葉を交わしながら楽しく講義が進んでいきました。

大柳教官からは「応急手当と救命処置」について学びました。「今からできる」ということに重点の置かれた講義だったため、子ども大学生は自分事として学ぶことができました。習ったポイントを踏まえて胸骨圧迫にもチャレンジし、実践力も磨きました。救命処置の大切さを実感する講義となりました。

山下教官と大柳教官の熱い講義を聞き、「しょうらい消防士になりたい。」、「誰かのために、せいいっぱいがんばろう。」という思いをもつ学生もいました。

平成30年度子ども大学かわぐち 講義5
平成30年度子ども大学かわぐち 講義5
平成30年度子ども大学かわぐち 講義5
平成30年度子ども大学かわぐち 講義5

 

講義後には、幸栄公民館のホールで修了式に臨みました。

子ども大学学長・茂呂修平川口市教育委員会教育長から、立派な所作で修了証書を受け取ることができました。

茂呂学長の挨拶では、「夢をもつこと、夢の実現のために明確な目標をもつことが大切。」、「好きな教科を徹底して学び、得意な教科にしてほしい。」と力強いメッセージをいただきました。

続いて、子ども大学生代表が5日間の思い出を振り返るとともに「今回の経験を活かして、これからも楽しく学びたいです。」と発表しました。

最後は、子ども大学かわぐち実行委員長・山口総香メディアセブンセンター長から「子ども大学かわぐちでの体験を役立ててほしい。」というメッセージをいただき、閉式となりました。

平成30年度子ども大学かわぐち 修了式
平成30年度子ども大学かわぐち 修了式
平成30年度子ども大学かわぐち 修了式
平成30年度子ども大学かわぐち 修了式
平成30年度子ども大学かわぐち 修了式
お問い合わせ

生涯学習課生涯学習係
所在地:〒332-8601川口市青木2-4-11(分庁舎1階奥)
(郵送先:川口市青木2-1-1)
電話:048-259-7655(生涯学習係直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-7604

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年12月03日