(建設工事)低入札価格調査制度・最低制限価格制度について

設計金額130万円を超える建設工事に係る入札について、川口市では設計金額により低入札価格調査制度又は最低制限価格制度のいずれかを採用しています。

低入札価格調査制度

  • 下記資料の別表「発注の標準とする工事金額」内でA級に該当する工事及び総合評価方式による工事に採用します。
  • 原則として失格基準を採用することとし、失格基準を下回る価格での入札は失格とします。
  • 調査基準価格を下回り、且つ失格基準以上での入札については、入札金額で工事の適正な履行が可能かどうかを調査し落札者を決定します。
  • 調査基準価格、失格基準の算出方法及び金額は非公開とします。

(平成31年4月1日以降の開札から算出方法を改正します。)

低入札価格調査制度イメージ図

最低制限価格制度

  • 下記資料の別表「発注の標準とする工事金額」内でB・C・D級に該当する工事に採用します。ただし、総合評価方式による工事の入札については、最低制限価格は採用しません。
  • 最低制限価格を下回る価格での入札は失格とします。
  • 最低制限価格の算出方法は非公開とします。

(平成30年4月1日以降の開札から算出方法を改正しています。)

最低制限価格制度イメージ図

川口市建設工事等入札参加資格に関する規則 別表

川口市建設工事等入札参加資格に関する規則 別表の画像
お問い合わせ

契約課工事契約係
所在地:〒332-8601 川口市青木2-1-1(第一本庁舎4階)
電話:048-258-1237(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-6161

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年03月25日