年金生活者支援給付金

概要

年金生活者支援給付金は、年金を含めても所得が低い年金受給者への経済的援助の目的で、年金に上乗せして支給されるものです。

令和元年10月の消費税10%へ引き上げに併せて、令和元年10月1日より実施されました。

受給している年金の種類によって、年金生活者支援給付金の種類が異なります。

対象者と給付金額

老齢年金生活者支援給付金

以下の要件をすべて満たすかた

  1. 65歳以上の老齢基礎年金受給者であること
  2. 前年の公的年金等の収入金額とその他の所得の合計が779,300円以下であること
  3. 同一世帯の全員が市町村税非課税であること

所得の基準額は、老齢基礎年金額に併せて改定されます。

 

給付額(令和元年度)

保険料免除期間がないかた

月額=5,000円×保険料納付済月数/480月

 

保険料免除期間があるかた(全額免除、3/4免除、半額免除)

月額=10,834円×保険料免除月数/480月

 

保険料免除期間があるかた(1/4免除の場合)

月額=5,417円×保険料免除月数/480月

 

補足的老齢年金生活者支援給付金

老齢年金生活者支援給付金の所得要件を満たさないかたでも、前年の公的年金等の収入金額とその他の所得の合計が879,300円以下であれば、補足的な給付金が支給されます。

給付額は所得によって変動します。

 

障害年金生活者支援給付金

以下の要件をすべて満たすかた

  1. 障害基礎年金の受給者であること
  2. 前年の所得(年金額は含まない)が462万1,000円以下であること

所得の基準額は、扶養している親族の年齢や人数によって変わります。

 

給付額(令和元年度)

障害年金2級のかた・・・月額5,000円

障害年金1級のかた・・・月額6,250円

 

遺族年金生活者支援給付金

以下の要件をすべて満たすかた

  1. 遺族基礎年金の受給者であること
  2. 前年の所得(年金額は含まない)が462万1,000円以下であること

所得の基準額は、扶養している親族の年齢や人数によって変わります。

 

給付額(令和元年度)

月額5,000円

 

請求方法

平成31年4月1日時点で年金を受給しているかた

年金生活者支援給付金が施行される令和元年9月以降、対象者のかたには日本年金機構から順次請求書が郵送されています。必要事項をご記入のうえ、切手を貼付して日本年金機構に返送してください。

令和元年12月末日を過ぎて手続きをした場合、令和2年2月分からのお受け取りとなってしまいます(令和元年10月分~令和2年1月分は受け取れません)ので、お早めにお手続きください。

 

これから年金受給者になるかた

年金の請求時に、年金生活者支援給付金請求書を年金の請求書と併せて提出します。請求書は、受付窓口に用意してあります。

 

受取方法

 

年金生活者支援給付金は、年金と同じ口座に、年金とは別に入金されます。

入金日は年金と同じですので、偶数月の15日(15日が土日祝日の場合は直前の営業日)に前2か月分を受け取れます。

 

制度の詳細については、日本年金機構のホームページ(外部サイト)をご確認ください。

 

 

お問い合わせ

国民年金課給付係
所在地:〒332-8601 川口市青木2-1-1(本庁舎1階)
電話:048-259-7667(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-252-4471

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年10月17日