住居確保給付金のご案内

住居確保給付金支給事業

離職・廃業者又は個人の責に帰すべき理由・都合によらないで就業機会が減少し、離職等と同等程度の状況である者であって、就労能力及び就労意欲のある方のうち、(店舗・事業用賃貸物件を除く)住宅を喪失している方又は喪失するおそれがある方に、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行っています。

手続きやお問い合わせについて

現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、相談は電話にて、申請は郵送にて行ってくださいますよう、お願い致します。

※現在、メールによるお問い合わせがたいへん多く、回答までに数日~1週間程度を要する場合がありますのでご容赦ください。

※メールによる住居確保給付金に関するご相談(対象の可否、申請に関する内容等)につきましては、個々の状況に応じて詳細をお聞きする必要があるため、お手数ですが以下の問い合わせ先までお電話にてご連絡ください。

川口市生活自立サポートセンター   048-299-8294・048-271-9412

支給要件

次の1~9のいずれにも該当する方

1.川口市内に居住を予定する方又は現に居住する方。

2.申請日において、離職等の日から2年以内の方又は個人の責に帰すべき理由・都合によらないで就業機会が減少し、離職等と同等程度の状況である方。

3.離職等の日において、その属する世帯の生計を主として維持していた方、又は離婚等により申請時には、その属する世帯の生計を主として維持している方。

4.誠実かつ熱心に求職活動を行うこと(離職・廃業者は常用就職を目指した活動をすること。個人の責に帰すべき理由・都合によらないで就業機会が減少した者は副業や転職を目指した活動をすること)。

5.離職等により住宅を喪失している方又は喪失する恐れのある方(住宅を喪失するおそれがある方とは、6及び7の要件に該当し、賃貸住宅等に入居している方。なお、同居の親族で住宅を所有している方がいる場合は対象外となります。)

6.申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の預貯金等の合計額が次の基準額以下である方(※)

  基準額
単身世帯 504,000円以下
2人世帯 780,000円以下
3人以上の世帯 1,000,000円以下

7.申請した月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が次の収入額である方(※)

  家賃の一部または全額(限度額上限まで)を支給できる収入額
単身世帯 131,700円未満
2人世帯 187,000円未満
3人世帯 234,000円未満
4人世帯 276,000円未満
5人世帯 317,000円未満
6人世帯 364,000円未満
7人世帯 408,400円未満

(※)収入・預貯金要件については、別掲『支給要件の早見表』をご参照ください。

8.国の雇用施策による給付又は地方自治体等による離職者等に対する住居確保を目的とした類似の給付等を申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていない方、生活保護の受給をされていない方。

9.暴力団員でない方。

求職活動要件

1.毎月1回、求職活動報告書を自立相談支援機関あてに提出すること。

(就業機会が減少した者については、収入額が確認できる書類を毎月提出すること)

支給額

支給額(限度額以内)=基準額+賃料(共益費等を除く)-世帯収入額

  基準額 支給限度額(月額)
単身世帯 84,000円 47,700円
2人世帯 130,000円 57,000円
3人世帯 172,000円 62,000円
4人世帯 214,000円 62,000円
5人世帯 255,000円 62,000円
6人世帯 297,000円 67,000円
7人世帯 334,000円 74,400円

支給期間

3ヶ月間を限度とします。ただし、常用就職活動を誠実に実施したうえ、支給要件に該当すると認められるときは、3ヶ月間を限度にさらに支給期間を2回まで延長できる場合があります。

支給方法

貸主(大家)又は貸主から委託を受けた事業者(不動産会社、管理会社、保証会社等)に直接振り込みます。

審査・支給決定通知について

申請書類等に関して、確認事項等がある場合は、住居確保給付金担当者からご連絡させていただきます。申請完了後、書類審査を経て、毎月中旬~下旬頃に支給決定通知書を書面にて通知します。

住居確保給付金の申請について

申請を希望する方は、以下の資料を確認の上、申請書類をダウンロードし、下記の送付先まで郵送してください。なお、ご不明点はお電話にてお問い合わせください。

【送付先】

〒332-8601 埼玉県川口市青木2-1-1(郵送先)

川口市生活福祉1課自立支援係 住居確保給付金担当あて

申請時の確認事項について(以下の資料を必ずご確認ください。)

申請書様式ダウンロード

<【提出用】様式2-2:入居住宅に関する状況通知書の記入方法>

1.様式2-2:入居住宅に関する状況通知書の【提出用】【記入例】を、貸主(大家)又は貸主から委託を受けている業者(不動産会社・管理会社・保証会社等)に渡してください。

2.【記入例】を参考に、【提出用】様式2-2:入居住宅に関する状況通知書の表面を貸主もしくは貸主から委託を受けている業者が必ず記入してください。(申請者本人が記入した場合、申請受付ができない場合があります。)

3.裏面は申請者本人が同意日・氏名を記入の上、押印してください。

4.両面の記入が完了したら、他の申請書類と併せて提出してください。

記入例一覧(必ずご確認の上、提出書類をご記入ください。)

住居確保給付金をご利用中の方へ

支給決定後は、毎月1回、『参考様式9:求職活動報告書』と毎月の収入額を確認できる書類(『収入状況に関する申立書』)を提出してください。

また、支給期間中に就職(転職・副業の開始も含む)をした場合もしくは現在の就業機会が以前と同じ状態に戻り、収入が回復した場合は、『様式6:常用就職届』を提出してください。

詳細につきましては、支給決定後に担当から書面または電話等でご連絡させていただきます。

お問い合わせ

生活福祉1課自立支援係
所在地:〒332-0032川口市中青木1-5-1(第二庁舎5階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-271-9397(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-257-6600

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年07月10日