第5回「描く・創る・表す」展

更新日:2022年08月08日

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染対策に配慮した開催方法を検討した結果、第5回「描く・創る・表す」展は当ホームページで作品を掲載することとなりました。わかゆり学園に通われている就労・生活介護・草木の家の利用者が制作した、個性豊かな作品を掲載いたします。一人一人の個性が詰まった作品をお楽しみください。

ペンギン

「折り紙アート」

創作活動が大好きで毎日絵日記を描いている利用者さんです。絵を描くことが得意ですが、今回は折り紙を使いはさみで「ペンギン」を表現しました。下書き等をすることなく、全てフリーハンドで切っています。フリーハンドで切っているため1羽ずつ違いがあり、可愛らしい作品となりました。

トイストーリー

「トイストーリー」

絵や文字を描くことが大好きで、毎日描いている日記には好きな歌の歌詞やキャラクターの絵なども書いています。スケッチブックを用意したところ、その日の活動の絵など毎日違った絵を様々な表現で描いてくださいました。今回はそんなスケッチブックからの1枚です。ご本人からのメッセージ「何の絵なのか想像して見て欲しいです。」

ドラえもん

「ドラえもんとドラミちゃん」

画用紙に毎日好きな色のペンを選んで、一日ひとつずつ描いてゆっくり作品を作りました。絵をよく見ると、リボンやまつ毛の位置で描き分けをしています。描き方は子どもの頃にお友達に教わったそうです。

オーロラ

「オーロラ」

毎日、休憩時間などに描いています。クレヨンを中心に使いカラフルな色を使っています。今回は直線でしたが、曲線や円など、独特な柔らかいタッチで描いています。素敵な作品をご覧ください。

スケッチブック

「スケッチブック」

絵を描くのが得意で、スケッチブックに色々な絵を描いてくれます。お手本をよく見て上手に模写することができ、一匹ずつ色を変えています。柴犬は写真を見て描いてくれました。

キンチョール

「絵画(キンチョール)」

1970年代のCMや流行した物が大好きで、それらを見て・聞いて・感じると、楽しく幸せな気持ちになり笑顔が溢れます。そんな気持ちを、得意な絵で表現しました。
この絵を通して、皆様にも楽しさや幸せをおすそ分けできたら・・・と思います。

みんなの絵

「みんなの絵」

机に大きな模造紙を広げて、みんなで思い思いにペンを走らせ描いたものを、1つの作品として切り貼りしました。
それぞれの方がペンの色も選んで描いた絵や線は、ダイナミックなものから繊細なものまで、描いた方々の個性が光る作品となりました。
 

冬の壁面画

「冬の壁面画」

この作品は、冬にちなんだ創作を行ったうちの一つです。
一人一人が折り紙をちぎったり、ビニール袋にお花紙等を入れたりし、個々にモールの色や紙の色も選んで作りました。
雪だるまやサンタ、ウサギ等、個性溢れる飾りがもみの木に飾られており、思わず笑顔になってしまう、心温まる作品となりました。
 

壁画

「壁 画」

力仕事が得意ですが、創作も好きで集中して取り組んでいます。名刺を切ることに熱中していた時期があり、切った名刺が段ボール一杯になりました。それを思うままに貼ってもらったところ大作が出来上がりました。

クリスマス

「クリスマス」

手先が器用な細かい作業が得意な方です。作業の合間の休憩時間に毎日絵を描いています。旅行先で食べたものや見たものや旅行雑誌を描くことが多いです。
 

お問い合わせ

川口市心身障害福祉センターわかゆり学園
所在地 :〒334-0073 川口市赤井1227
電話 :048-284-3450(代表)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス :048-284-3451

メールでのお問い合わせはこちら