コミュニティバスについて

川口市では、路線バスを補完し、公共施設や駅、医療機関等を結ぶコミュニティバス「みんななかまバス」を運行しています。

コミュニティバスが新しくなりました

平成23年10月の旧鳩ヶ谷市との合併を機に、市内で運行する2つのコミュニティバス(みんななかまバス・ミニは〜と)を効率的で利用しやすいものに再編するため、各路線の利用状況や市民の交通行動、ニーズ把握のためのアンケート調査の結果等をもとに、川口市総合都市交通体系検討会において検討を重ね、パブリックコメント等で寄せられた市民の皆様の意見を踏まえ、7つのルートからなるコミュニティバスの新路線が決定しました。
新しいコミュニティバスは、「みんななかまバス」として平成25年12月16日より運行を開始し、これと合わせ、車両とバス停のデザインもリニューアルしました。リニューアル後も、市民の皆様から寄せられた意見を踏まえ改善を重ねています。
また、令和2年1月20日より6つのルートからなる新路線で運行を開始しました。これからも、新しくなったコミュニティバス、「みんななかまバス」を身近な公共交通機関としてご利用ください。

みんななかまバスの概要
名称 みんななかまバス(新)
     新しくなった、みんななかまバスの全体図の写真     
運行開始日 平成25年12月16日
路線・便数

(路線図・時刻表は下記リンクから)

rosen1n 7便(6.5往復)

rosen2n 平日7便(6.5往復)、土曜6便(5.5往復)

rosen3n 時計まわり6便、反時計まわり8便

rosen5n 時計まわり8便、反時計まわり8便

rosen6n 時計まわり6便、反時計まわり7便

rosen7n 7便(6.5往復)

車両 小型ノンステップバス/日野「ポンチョ」(30人乗り)
  • 旧車両のラッピングデザインを基本に、市のシンボルマークのカラー(「赤」=伝統ある鋳物などの産業と市民の元気の象徴、「青」=雄大な荒川の水流、「緑」=植木の里安行に代表される豊かな緑)とマスコット「きゅぽらん」を取り入れ、川口らしさをアピール。車体のどこかに「ミニはーと」もいます。

旧コミュニティバス(平成25年12月14日運行終了)

これまで、市民の皆様に親しまれたコミュニティバス、「みんななかまバス(旧)」と「ミニは〜と」は、平成25年12月14日をもちまして、運行を終了しました。長い間ご利用いただき、ありがとうございました。

「みんななかまバス(旧)」と「ミニは~と」運行終了について
名称 みんななかまバス(旧) ミニは〜と(旧鳩ヶ谷市循環バス)
  みんななかまバス(旧) ミニはーと
運行
期間
平成14年11月11日〜平成25年12月14日 平成13年10月1日〜平成25年12月14日
路線

便数
  • 中央・横曽根・青木・南平循環
  • 神根・青木・芝循環
  • 新郷・安行・戸塚循環

各路線  時計まわり7便、反時計まわり7便

  • 北ルート
  • 南ルート

各路線9便

お問い合わせ

都市交通対策室
所在地:川口市三ツ和1-14-3(鳩ヶ谷庁舎5階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-242-6350(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-285-2003

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年01月20日