科学館はどのような施設ですか。

川口市立科学館は、「SKIPシティ」内に平成15年5月3日に開館しました。

自分でふれて、試して、疑問を見つけて、問題を解決していく過程のなかで、科学に対する興味関心を高めていくことを目的とした参加体験型の生涯学習・教育施設で、「科学展示室」「プラネタリウム」「天文台」があります。

「科学展示室」(1階)

見て、ふれて、試して考える、約40種類の説明書きのない科学展示装置が並びます。

インストラクターと一緒に考えながら、実験の手がかりやヒントを得ることができるでしょう。

また定期的に開催する「サイエンスショー」やテーマのあるものづくり・観察・実験を行う「どきどきサイエンス」、科学ものづくり「わくわくワーク」の他、期間限定の「特別展」を開催しているときもあります。

「プラネタリウム」(3階)

直径20メートルの大きなドームの中で、天の川が一つひとつの星で表現された自然に近い美しい星空や、最新データに基づくダイナミックな宇宙の姿など臨場感あふれるプラネタリウムを体感できます。

一般向けの投影のほか、平日は学校向けの学習投影を行っています。

「天文台」(総合棟屋上)

口径65センチメートル反射望遠鏡を備える主天文台、口径20センチメートル屈折望遠鏡で月や惑星観測に適した副天文台、「太陽」を観測する太陽天文台の3つの天文台で構成されています。第2・第4土曜日に夜間観測会、毎週土曜日の日中にガイドツアーを開催しています。

関連ページ

お問い合わせ

川口市立科学館(サイエンスワールド)
〒333-0844川口市上青木3-12-18 SKIPシティ内
電話:048-262-8431(代表)
電話受付時間:施設開館日の8時30分~17時15分

開館日は川口市立科学館ホームページで確認して下さい。

ファックス:048-262-8481



メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月28日