重度心身障害者医療費助成制度

重度心身障害者医療費助成

重度心身障害者が、医療機関で診察を受けた際に支払う医療費の自己負担分を助成します。
(注意1)高額療養費、附加給付金などの健康保険からの給付がある場合は、その金額を助成額から控除します。
(注意2)食事代や部屋代・文書料などの保険外診療は助成の対象となりません。

対象者等

次に該当する障害者手帳を65歳未満で交付されたかた

  1. 身体障害者手帳1級から3級
  2. 療育手帳○A(丸エー)・A・B
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級
    (注意)精神病床への入院費用を除きます。ただし、精神病床以外への入院費用は助成対象となります。また、65歳を迎えて後期高齢者医療制度に加入されている場合、精神病床への入院費用も助成対象となります。
  4. 身体障害者手帳4級の音声・言語機能障害、または下肢機能障害1・3・4号のうち、65歳を迎えて後期高齢医療制度に加入されているかた
  5. 精神障害者保健福祉手帳2級のうち、65歳を迎えて後期高齢医療制度に加入されているかた

(注意)ただし、生活保護、または中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による医療給付を受けているかたは助成の対象となりません。

 

 

所得制限

  1. 平成31年1月1日以降、受給資格登録者になるかたに対し、助成の認定基準として毎年所得の審査を行います。未成年者を含め、本人の前年の所得(1月から9月に登録の場合は、前々年の所得)が基準額を超えた場合は、医療費助成の対象外となります。
  2. 平成30年12月31日までに受給者証をお持ちのかたで、平成31年1月1日以降も受給資格登録者である場合は、平成34年10月1日から所得制限を導入します。
  3. 受給者証は、毎年10月1日に更新して発行します。
所得制限額の一例
扶養親族数 0人 1人

2人以上の場合、1人増すごと

所得制限基準額 3,604,000円 3,984,000円 380,000円加算

(注意1)所得とは、諸控除後の額です。

(注意2)課税対象の年金等も所得に含みます。(障害年金は、所得に含みません。)

(注意3)扶養1人につき38万円を加算します。当該扶養親族が、同一生計配偶者(70歳以上)又は老人扶養親族の場合は1人につき10万円、特定扶養親族又は控除対象扶養親族(19歳未満)である場合は1人につき25万円をさらに加算します。

(注意4)毎年所得審査を行います。受給資格登録者は、毎年10月から翌年9月までの受給者証を交付します。(最初の申請手続きにより毎年の更新手続きは不要ですが、所得の状況について届出の義務があります。公簿等で所得の状況が確認できれば届出を省略できます。)

(注意5)所得制限基準額は、制度改正により変更されることがあります。

 

助成方法

窓口負担なしの場合

 医療機関の窓口で、健康保険証とともに受給者証(オレンジ色)を毎回提示してください。

川口市内の医療機関(医科・歯科・薬局)において、医療機関ごと、入院・外来別で、1カ月の保険診療分の自己負担額の合計が21,000円未満の場合、保険診療分について窓口でのお支払いが不要(無料)となります。

 

窓口負担ありの場合

 次の場合は、窓口で一旦自己負担し、医療費支給申請書に医療機関の証明を受けるか、または領収書を添付して申請してください。毎月5日までに申請(郵送の場合は必着)のあったものを、その月の末日に登録されている金融機関の口座にお振り込みします。

  1. 川口市内の医療機関(医科・歯科・薬局)において、医療機関ごと、入院・外来別で、1カ月の保険診療分の自己負担額の合計が21,000円以上かかる場合
  2. 柔道整復(整骨・接骨)、鍼、灸、訪問看護などにかかる場合
  3. 川口市外の医療機関等にかかる場合

ダウンロード

お問い合わせ

障害福祉課手帳係
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(第一本庁舎2階)
電話:048-259-7678(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-259-7943

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年11月01日