武力攻撃などから身を守るためには

緊急情報の伝達について

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、防災行政無線で伝達するほか、緊急速報メール等で緊急情報をお知らせします。

(詳しい内容は、下記のリンクをご覧下さい。)

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動詳細

屋外にいる場合

近くの建物の中、又は地下に避難する。

屋外にいる場合

近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

屋内にいる場合

できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

(詳しい内容は、下記のリンクをご覧下さい。)

全国瞬時警報システム(J−ALERT=ジェイ・アラート)

全国瞬時警報システムとは、弾道ミサイル情報、津波警報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

関連リンク

国民保護ポータルサイトには、武力攻撃やテロなどから身を守るためにどのように行動するべきか等について、掲載してますので、下記リンクをご覧下さい。

お問い合わせ

危機管理課管理係
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(第一本庁舎5階)
電話 048-242-6358(直通)
ファックス: 048-257-3535
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年04月01日