【災害用マンホールトイレ】の整備を進めています

「災害用マンホールトイレ」とは

マンホールトイレ

災害用マンホールトイレ

地震等の災害時には、施設の損壊などにより普段使用するトイレが使用できなくなるケースがあります。

そのような時に、避難所となる施設等のマンホールに簡易的な便器や個室を設置し、災害時のトイレとして活用するものがマンホールトイレです。

下水に直接排泄することができるため、大勢の方が集まる避難所での生活でも、清潔なトイレ環境を確保することができます。

災害用マンホールトイレの整備状況について

川口市では下水道建設課と防災課が連携し、災害時の避難所となる施設等に

順次マンホールトイレの整備を進めています。

現在の整備状況については下記リンクをご参照ください

(上下水道局ホームページへの直接リンクとなります。)。

https://www.water-kawaguchi.jp/gesuidouzigyou/gesuikeikakusuishinn/

※ リンク先ページ中の「5、地震対策」の項目で災害用マンホールトイレの

設置状況を紹介しています。

お問い合わせ

防災課
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(第一本庁舎5階)
電話 048-242-6358
ファックス: 048-257-3535
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月15日